10月11日夜、日本発の仮想通貨モナコイン(MONA)の価格が100円を超え過去最高値を更新した。

初期の頃からモナコインを取り扱っている国内取引所Zaifのチャートでは過去の最高価格は2014年8月の99円だ。また、高値更新後さらに価格が上昇し12日の午前8時台には188円の高値となっている。

この価格の上昇を受けて、仮想通貨の時価総額ランキングでも67位に浮上している。(本稿作成時点)

モナコインとは?

モナコインは2013年に誕生した仮想通貨でライトコインをベースにして作られている。

遊び感覚で気軽に使える仮想通貨として「ニートのおはじき」と呼ばれ親しまれてきた。モナコイン好きのコミュニティの中ではAskMonaという投稿サイトやTwitterなどで投げ銭としてモナコインのやり取りが行われている。

また、ビットコインに先立ってSegwit技術が実装された実績などもある。

MONAを買うには

現在MONAコインを取り扱っている国内の主な取引所は以下の通りだ。

・Zaif
・ビットバンク
・bitFlyer (アルトコイン販売所)
・フィスコ仮想通貨取引所
・bitTrade

最近ではビットフライヤーのアルトコイン販売所で取り扱いが開始されており、価格に上昇がみられた。

【モナコイン関連記事】
bitFlyerがMONAの取り扱いを開始
2017年7月モナコインの半減期