日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ

編集部おすすめ

日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ

ウォレットサービス「GO Wallet」などを展開する株式会社スマートアプリが、NFTマーケットプレイス「nanakusa」のサービスリリースを発表しました。GO Walletはイーサリアム(Ethereum)を中心としたアセットのモバイルウォレットで日本国内で好んで利用されています。

NFTマーケットプレイス「nanakusa」とは?

今回発表されたnanakusaは事業者やクリプトアーティストが制作したNFTの販売及び、利用者同士が保持しているNFTを売買できるプラットフォームです。

nanakusaはブロックチェーン上で売買されるため、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっております。ロイヤリティの還元率は現在、非公開となっているとのことです。

デジタルアートなどのNFTは二次流通できることが大きな利点ですが、アーティストにとっては一次販売した後にどれだけ二次流通しても還元されないという課題がありました。むしろ二次流通が活発になり、今後新しく販売する分の需要が減る場合、アーティストの収入は減る場合すらあります。

nanakusaはこの課題をブロックチェーン上で売買ごとに自動で作り手に還元される仕組みを用いて解決しています。また、この還元もスマートコントラクトによって執行されるはずで不正ができない仕組みになっているはずです。

nanakusaイメージ

nanakusaはレイヤー2のPolygon上で構築

加えてNFTマーケットプレイスのnanakusaの特徴は、イーサリアムのレイヤー2上で構築されているという点です。Polygonというフレームワークを採用します。

Polygonは、イーサリアム上のレイヤー2ソリューションフレームワークです。近年イーサリアムのブロックチェーンは混雑によりネットワーク手数料が高騰しており、スケーラビリティ問題が顕在化しています。トランザクションをオフチェーンで処理するレイヤー2はこの問題の有力な解決策です。

2021年上半期現在は、Optimistic RollupやZK-Rollupが特に注目されていますが、Matic Networkはそれらより先の2020年6月にメインネットローンチをしたスケーリングソリューションです。その後、2021年2月に、メインプロダクトとしてのMatic NetworkはPolygonにリブランディングしています。Matic NetworkはPlasmaとPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を応用したレイヤー2で、PolygonはMatic Networkを含むOptimistic Rollupなどさまざまなレイヤー2を使えるプラットフォームのような位置づけです。

Matic Networkが2020年6月にメインネットローンチをして以降、Matic Networkに移行するプロジェクトは少しずつ目立ち始めています。レイヤー2のフレームワークにはさまざまな選択肢がある中で、開発者にとってMatic Networkはその開発フレームワークの選択肢の一つとなっています。

Matic Networkは、PlasmaのフレームワークとPoSによるコンセンサスメカニズムを応用しています。Matic Networkのレイヤー2は、PlasmaレイヤーとPoSによるチェックポイントのレイヤーの2つの要素に分かれています。独自トークンMATICはPoSのチェックポイントレイヤーに参加するバリデーターがステーキングするトークンです。Plasmaとはメインチェーンに繋げることができるサイドチェーンのネットワークです。Matic Networkもまた複数のサイドチェーンのネットワークです。

nanakusaではPolygon(Matic Network)を使用して、ユーザーはレイヤー2のウォレットから安い取引手数料で簡単にNFT売買ができるようになると期待されます。日本発の本格的なレイヤー2のNFTマーケットプレイスの登場を期待したいです。

【こんな記事も読まれています】
ハリウッド映画のNFT化は可能か?秘められた価値と実現へのハードル
世界最大手のオークションハウスがNFTデジタルアートの競売を開始
NFT市場が拡大中、Openseaのユーザー数も2万5,000人を突破


【国内最高利率の貸し暗号資産(仮想通貨)サービス】
HashHub レンディングは、国内最高利率の貸し暗号資産(仮想通貨)サービスです。2021年1月時点での募集年率はBTC7%、ETH10%、DAI12%です。HashHubレンディングでは、長期間のロックアップや解約手数料が発生せず、セキュリティ体制も万全です。暗号資産保有者は貸し出しして暗号資産を増やしましょう!
▼HashHub Lending
https://hashhub-lending.com/


前のニュース仮想通貨に投資した人の70%が儲けている事実!利益を出している人の特徴とは?
次のニュース著名投資家のレイ・ダリオ氏が指摘するビットコイン(BTC)の最大のリスク
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。