【墨汁速報】野村HDとLedgerビットコインカストディ「Komainu」をローンチへ

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

野村ホールディングスとLedgerは、ビットコインカストディサービス「Komainu」を17日にローンチしたとロイターが報道。野村ホールディングスは2018年5月に、カストディサービスの開発を行うとしていた。

関連記事:【墨汁速報】Ledger Vault マーシュを介してロイズの約163億円の仮想通貨保険を獲得

2018年から取り組む野村HDのカストディ研究

2018年5月15日の野村ホールディングスの発表によると、ハードウェアウォレットのLedger Nanoなどで有名なフランスを拠点とするLedgerと投資顧問会社のGlobal Advisors Holdings Limitedと共同し、機関投資家向けの仮想通貨などのデジタルアセットのカストディサービス研究について発表していた。

野村ホールディングスによると、「デジタルアセット市場の急激な成長を背景に、機関投資家をはじめ多くの投資家がデジタルアセットへの投資を検討しています。しかし、安全かつ法規制に準拠したカストディ・サービスが不足していることが、その参入を妨げる大きな要因」としていた。

出典:野村ホールディングス

Komainuのローンチ

ロイターによると、Komainuは仮想通貨投資ファンドのCoinShares CEOのJean-Marie Mognetti氏により率いられるとしている。Mognetti氏は、「今までKomainuのテストとして限られたクライアントに4~5ヶ月サービスを提供してきたが、ついに新規クライアント向けにローンチした」とコメントしている。また野村ホールディングス含む数社の巨大金融機関は、社債や株式などの既存金融商品をイーサリアムなどのブロックチェーン上でデジタル化することで、コスト削減や売買プロセスなどを簡略化できると期待しているという。

米国でのビットコインカストディには、フィデリティやインターコンチネンタル取引所などの最大手が2019年にローンチしており、仮想通貨エコシステムは日々進化し、今後投資資産として重要な立ち位置となっていくだろう。

出典:Nomura and partners launch digital asset custodian Komainu

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】管理資産7兆ドル フィデリティのFDAS ビットコインカストディと取引プラットフォームをNYFDSにより認可
2020年は金融機関がブロックチェーン技術を受け入れる転機の年
米欧機関投資家の36%がデジタル資産に投資、フィデリティが調査結果発表

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やテクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。
墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース中国は消費市場でアリペイなど決済手段と統合して世界初のCBDC発行へ
次のニュース「ブロックチェーンは戦略上重要と55%が回答」デロイトが調査結果を発表
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者