NEM(ネム)が取引所『Easy Crypto』と提携、NZのブロックチェーン・暗号通貨の拡大へ

7360

編集部ピックアップ

NEM(ネム)が取引所『Easy Crypto』と提携、NZのブロックチェーン・暗号通貨の拡大へ出典:Medium(NEM New Zealand)

ニュージーランドで急成長中のEasy CryptoとNEM(ネム)が提携

ニュージーランド最大の都市オークランドに拠点を置く『Easy Crypto(イージー・クリプト)』でNEMの提携が発表された。Easy Cryptoは暗号通貨を最も簡単で最速に購入できるプラットフォーム。Easy Cryptoでは現在、NEMを含む39もの暗号通貨が取り扱われているようだ。

Easy Cryptoの設立者は、
「私たちは、顧客サービスの質問から検証まで、すべてのサービスにわたって24時間体制で運営しています。これらのシステムはスマートに自動化されており、Easy Cryptoはお客様のために暗号通貨を最速かつ最も安価なルートを提供できます。」
と述べている。

この発表でNEMとEasy Cryptoはイベント、教育、プロモーションにも参加し、オークランドの公式イベントも間もなく発表予定とのこと。

Easy Cryptoはニュージーランドで最も急速に成長しているエクスチェンジプラットフォームの1つで、Easy Cryptoはニュージーランドのブロックチェーンと暗号通貨の採用を拡大するのに役立つ。

このパートナーシップは、企業が暗号通貨を理解し取引するのを支援することにコミットし、「ニュージーランドにとっても大きな飛躍を意味する」とNEM財団は述べている。

暗号通貨・ブロックチェーンの拡大が進むニュージーランド

先月、ニュージーランドではNEMのブロックチェーンハブが正式に開始され、NEMのテクノロジー教育や企業へのインキュベーションなども行われると発表された。

NEM(ネム)が取引所『Easy Crypto』と提携、NZのブロックチェーン・暗号通貨の拡大へ出典:Medium(NEM New Zealand)

ニュージーランドの人々がEasy Cryptoのサービスを使ってNEM(XEM)を手に入れることが前提にあると、NEMを使ったサードパーティアプリケーションなどの開発も進むのではないだろうか。

また、ニュージーランドの銀行では、ブロックチェーンテクノロジーを使いクライアントのユーザーエクスペリエンスを向上させる方法も検討しているよう。ブロックチェーンを使ったイノベーティブなスタートアップなども増えてきているようで、今後の発展に期待が高まる。

関連
NEMはブロックチェーンテクノロジー教育の為、ハブの立上げを発表
ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

参考
Medium
Easy Crypto公式