【墨汁速報】米国立”仮想通貨”銀行が誕生 OCCがAnchorageの米国立信託銀行の設立認可

編集部おすすめ

【墨汁速報】米国立”仮想通貨”銀行が誕生 OCCがAnchorageの米国立信託銀行の設立認可

仮想通貨カストディアンのアンカレッジ(Anchorage)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨(暗号資産)スタートアップで初となる米国立信託銀行の設立許可を連邦通貨監督庁(OCC)より受けた。仮想通貨スタートアップの米国立信託銀行の設立は2020年12月にイーサリアム上でステーブルコインを発行するパクソス(Paxos)によって申請されていた。

関連記事:【墨汁速報】”仮想通貨”米国立信託銀行誕生となるか?イーサリアム上でドルを発行するPaxosが申請

米国立仮想通貨銀行誕生

連邦通貨監督庁(OCC)は、Anchorageに米国で初となる仮想通貨カストディアンのAnchorageに米国立信託銀行の設立を許可した。これはPaxosが2020年12月に申請していたものと同様であり、申請理由として「国家憲章では銀行が州をまたいでビジネスを展開するのに有利である」と述べており、AnchorageがPaxosと同様にサービス拡大を目的としていると見られる。

OCCによると、「米国立信託銀行としての認可を行う際、これまでに認可してきたその他の銀行と同様の厳格な審査を行った。(Anchorageは)この認可により、連邦銀行の監督経験と知識を享受することができるだろう」と述べている。

加速する仮想通貨銀行設立

Anchorageの仮想通貨銀行としての認可は3例目であり、その他にも2020年に古参仮想通貨取引所であるクラーケン(Kraken)によるKraken Financialの仮想通貨銀行としての認可がワイオミング州で行われた。また同州で2例目となるアヴァンティ(Avanti)銀行が認可されており、ワイオミング州でのサービス展開が可能となっていた。

一方でAnchorageは「米国立」である点が違いであり、国家憲章の付与により州ごとの制約に縛られない仮想通貨ビジネス展開という大きな利点がある。これらの動きから2020年にはビットコインは市場最高値を更新しており、今後の仮想通貨銀行の認可動向は目が離せないだろう。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】アメリカで世界初「仮想通貨銀行」誕生!Krakenがワイオミング州でローンチ
【墨汁速報】”仮想通貨”米国立信託銀行誕生となるか?イーサリアム上でドルを発行するPaxosが申請
中国のデジタル人民元を解説、中央銀行発行デジタル通貨はどのように流通する?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではビットコインやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:OCC Conditionally Approves Conversion of Anchorage Digital Bank

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)