トレザー(Trezor)が新機能追加で便利なパスワードマネージャーに

編集部おすすめ

Trezorのハードウェアウォレットをパスワードマネージャーとして使用できる機能が追加

オフラインで使えるパスワードマネージャー

暗号通貨を保管するハードウェアウォレットを持っている人は多いでしょう。その中でも最も人気のハードウェアウォレットであるトレザー(Trezor)に新しい機能「トレザー・パスワード・マネージャー(TPM) 」が追加されました。一般的なオンラインのパスワードマネージャーを使用している人も数多くいるとは思いますが、そういったパスワードマネージャーは利便性が高い一方で、オンラインにパスを保存している不安を感じる方もいると思います。TPMはそういった不安を持つ人にとっての選択肢になります。

方法としては、まずトレザーのハードウェアウォレットをPCに接続し、任意のサイトに会員登録する際に、TPMを使用してランダムにパスワードを生成できます。そして、その生成されたパスワードはクラウドに送信されることはなく、ハードウェアウォレットのローカルに保存されます。

つまり、暗号通貨の秘密鍵を保管することと同じレベルのセキュリティで、任意のwebサイトのIDとパスワードを保管できます。ログインをしたい時には、その都度トレザーに接続する必要がありますが、セキュリティレベルは非常に高くなっています。

TPMを使用する際には、トレザーの端末とGoogle Chromeの拡張機能のインストールが必要になります。もし、トレザーの端末を紛失した場合は、リカバリーのシードフレーズを、新しく購入し直した端末に入力すればパスワードを復元できます。これもハードウェアウォレットで暗号通貨の秘密鍵を復元する際の方法と同じです。

トレザーとは?

トレザーは、ハードウェアウォレットを開発する企業の中で最も老舗な企業の一つです。

Trezor トップ
出典:Trezor

長い間オープンソースで開発され、業界でも最も信頼されているハードウェアウォレットの一つです。モデルは2種類ありますが、安価なモデルは69ユーロ(約8,700円)から購入が出来ます。

Trezor モデル比較
出典:Trezor

現在、多くのハードウェアウォレットが発売されていますが、選ぶ際の基準として下記の記事でも紹介していますので、参考にしてください。

関連:ハードウェアウォレットのおすすめは?選ぶときの基準を紹介!

個人でそれなりの量の暗号通貨を保有する人にとって、ハードウェアウォレットは必須なアイテムですが、オフラインパスワードマネージャーとしても使えるとなると利便性が高いでしょう。

【こんな記事も読まれています】
手数料無料で便利なイーサリアム(ETH)ウォレット「Argent」がリリース
トラストウォレット(Trust Wallet)が全ての暗号通貨サポートへ

参照
Trezor
Chrome ウェブストア


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。
コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com/