PayPalが仮想通貨事業に本格参入?思い描くスーパーアプリの構想とは

編集部おすすめ

PayPalが仮想通貨事業に本格参入?思い描くスーパーアプリの構想とは

PayPalが仮想通貨業界に本格参入?

ペイパル(PayPal)は、同社のコア・アプリケーションや個人間送金アプリ「ベンモ(Venmo)」の成長と、新たな後払いサービスの成功により、2020年第4四半期において、大幅な増収増益になったことを発表しました。2021年は、新型コロナウィルスによるeコマースの拡大や現金払いの減少が進み、一層の飛躍を遂げることを見込んでいます。

PayPalのCEO(最高経営責任者)ダン・シュルマン(Dan Schulman)氏は、2021年2月に暗号資産(仮想通貨)ニュースのデクリプト(Decrypt)のインタビューにて、PayPalが仮想通貨専用アプリの開発など新世代の金融テクノロジーに向けて注力していると述べました。

シュルマン氏はインタビューにおいて、「次世代インフラ構築に対する準備は十分にできている。それはデジタル資産を進化させるビジネス部門のことだ」と述べています。新部門の開発には同社技術チームの中核が参加し、仮想通貨技術や規制の専門家による諮問機関のアドバイスを受けています。

PayPalは過去にも、仮想通貨ウォレットサービス企業のザポ(Xapo)を創設したベンセス・カサレス(Wences Casares)氏からアドバイスを受けており、「カサレス氏は、今後出現するあらゆる技術の構成要素に目を向けるべきだと我々に勧めた」とシュルマン氏は述べています。

仮想通貨技術への期待

シュルマン氏自身も仮想通貨技術に精通しており、同社の決済システムなどの改善に向けて、イーサリアム(ETH:Ethereum)のスマートコントラクトや他のブロックチェーン技術を用いて、PayPalの仮想通貨部門で実験を進めていることにも言及しました。また、PayPalの開発はビットコインとその他数種類の仮想通貨をベースとして、「購入・売却・保持」以外にも広げていく可能性も示唆しています。

より広範なレベルでは、シュルマン氏は金融システムが手数料を下げられないことにいらだちを見せています。平均的な手数料は2.8%と変わりないものの、大口の取引先は安くなっている反面、一般消費者のような小口取引先は5~10%と高い手数料を支払っているという仕組みで維持されているものです。

本来こうしたコストを下げるべきなのは、PayPalのような企業ではなく、各国政府や中央銀行にあるとした上で、シュルマン氏は「仮想通貨に関わる技術によって、古いシステムを一新させるべきだ。そうすれば、社会はより多くの利益を享受することができるだろう」と述べています。

PayPalにビットコイン購入の予定は現状無い

シュルマン氏はスクエア(Square)社やテスラ(Tesla)社のように、仮想通貨を会社の資産として計上することはないと言います。それはPayPalにとって重要事項ではなく、特定の資産クラスに投資することによって起こる価格の上下動が好ましくないということです。

またPayPalは余剰資産を保持し、仮想通貨業界も含めた将来の買収に備えるようで、実際に、PayPalが仮想通貨関連企業のビットゴー(BitGo)とカーブ(Curv)の買収を模索中という噂も流れています。

PayPalの「スーパーアプリ」

直近の投資家説明会において、シュルマン氏はPayPalで構想されている「スーパーアプリ」は、かつて複数のアプリが必要だったシステムを1つに統合できる可能性を説明しています。このアプリには決済、ショッピング、金融サービス、そして新しい形のデジタルIDなども統合されるとしてます。このようなスーパーアプリの登場は、アジアで主流になっているトレンドをアメリカにももたらすかもしれません。例えば、中国では「ウィーチャット(WeChat)」が単なる決済ウォレットの枠を超え、ソーシャルネットワークと商品売買機能も備えています。

PayPalは今や3億7,700万ほどの登録ユーザーを有しており、今後は小売店での決済からホテルの特典サービスなど、さまざまな決済ツールを1つのアプリに統合する予定です。しかし、PayPalのスーパーアプリ構想が消費者に利便性をもたらすとしても、他社の参入により競争が始まることでしょう。これまでの歴史から考えると、シリコンバレー発の企業は顧客体験をコントロールできる「クローズド・プラットフォーム」を構築する傾向が強く、PayPalの競合他社も同様の方法で圧力をかけてくる可能性があります。

シュルマン氏は新しいチャレンジに対して、協力してくれるパートナーを求めています。また次世代の決済・金融サービスの構築に向けて、各国の政府との協調も惜しまないとしています。そして、シュルマン氏は「これらの新しいテクノロジーと、中央銀行のデジタル通貨が実現されれば、どれほど素晴らしいことが待っているだろうか」と将来への期待を残して、インタビューを締めくくりました。

参考
PayPal CEO Reveals Plans for New Crypto Unit

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコインカストディアンBitGo ニューヨークで信託会社設立の認可を受ける
米国のコロナ対策の緊急経済対策1.9兆ドルに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用あるか?
「ビットコイン(BTC)は過去最高のパフォーマンスを記録した資産」、金・S&P500と比較


前のニュースイーサリアムのEIP1559概要とマイニングプールの反応
次のニュース【墨汁速報】イーサリアム開発者会議にてEIP-1559のロンドン実装が決定 上海ハードフォークとは?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。