PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入すると考えられる3つの理由とは?

7486

編集部ピックアップ

PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入すると考えられる3つの理由とは?

今、多くの企業や団体が既存のビジネスに仮想通貨(またはブロックチェーン技術など)を適用できないか検討している。世界大手決済サービス企業のPayPal(ペイパル)も、仮想通貨技術を使うことで取引の高速化と手数料の低下を期待できるとしており、2018年3月にシステムの特許申請を行っている。これにより、多くの人々が「ペイパルがビットコインを使うのではないか?」と推測した。

関連:決済企業Paypal(ペイパル)が仮想通貨決済スピード向上のため特許申請

しかし、実際にビットコインを使うことは現実的なのだろうか…?

確かにビットコインは時価総額や取引量でもトップの仮想通貨ではあるが、同時に多くの量の取引を裁く能力は低い。これはペイパルのような大量の取引プラットフォームにとってはかなり不都合な問題となる。だが、ライトコイン(LTC)ならばその問題を解決するのでは?と一部のメディアが報じている。
※本稿は一部の海外メディアを参考にして紹介しています

2018年、PayPal(ペイパル)にライトコイン(LTC)が採用すると考えれられる理由

2018年中に、PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入するのではという見方がでている。その理由が下記の通りだ。

PayPalのビジネスモデルとよく似ている

ライトコイン(LTC)は仮想通貨の中でも極めて少ない手数料で取引できる通貨の一つだ。さらに、セキュリティ面でもビットコインと非常によく似ている。この通貨がもつポテンシャルは、低いコストで高速取引を望むペイパルには適している、だからこそペイパルがビットコイン(BTC)ではなくライトコイン(LTC)を導入する可能性が高いと考えられるのだ。

ライバル業者のライトコイン(LTC)採用

ペイパルは、Coinbase(コインベース)などの仮想通貨関連業者からの競争圧力に直面している問題がある。彼ら(仮想通貨関連業者)のサービスは、仮想通貨という点では一歩先を行っている。

2018年2月、Coinbaseがペイパルと同様のプラットフォームである「Coinbase commerce」という決済サービスを開始することを発表した。この新たなサービスは、業者側は複数(BTC、ETH、BCH、LTC)の仮想通貨の受取が可能となり、資金が直接、業者のウォレットに送られる仕組みなのだという。「Coinbase commerce」のサービスにライトコイン(LTC)が対応していることも、理由の一つと考えることができる。

ライトコイン(LTC)がビットコイン(BTC)では実現できない面をカバー

ペイパルがこういったサービスを上回るためには、セキュリティ面はもちろんのこと取引スピードと安価な手数料(低コスト)を実現できる仮想通貨が必要になるのだ。ビットコインは残念ながらこの3点(セキュリティ、取引スピード、低コスト)を完全に網羅しているとは言いがたい。しかし、ライトコイン(LTC)はこういった面をカバーし、仮想通貨業界でも高い取引高を記録しているため流動性も高い。

もしかすると、ペイパルはその他の仮想通貨を扱う可能性が出てくるかもしれない。しかし、ライトコイン(LTC)は有力候補として残るだろうと考えられる。ライトコイン(LTC)は取引高が高いだけでなく、アメリカでかなりのシェアを占める取引所であるCoinbaseでも取り扱われているため、ライトコイン(LTC)を導入する可能性が高いことは間違いない。

今後のライトコイン(LTC)の動向

いま現在、私たちにできることは動向を見守ることだけかもしれない。
先日、LitecoinがTenXと提携し、デビットカード作成計画があることを発表した。ライトコイン開発者のCharlie Lee(チャーリー・リー)氏もTwitter上でLitecoin名義のデビットカード作成に取り組んでいくことを明らかにしている。

関連:ライトコイン(LTC)が日常利用に向けて一歩前進、TenXと提携しデビットカード作成へ

そうなると、ライトコイン(LTC)の価値は今まで以上に上昇し、取引量が増加することが考えられる。今後のライトコインの動向に注目だ。

(翻訳者:RAVA)

参考:cryptorecorder

ライトコイン チャート・価格相場情報はこちら

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット