NEM(ネム)決済をネットショップに導入できるプラグインが公開!その仕組みとは?

4833

NEM決済をネットショップに導入できるプラグインが公開!その仕組みとは?

暗号通貨には様々な側面があるように思います。暗号通貨の3つのストリームに分けたとき、通貨・技術・投資に分類でき、この3つをメインとして盛り上がりを見せているように思う。

単純に投資で終わらせることができない暗号通貨は、未来を担うであろうテクノロジーによって支えられ、今でもよりよいものとすべく開発や教育が世界中で行われている。

NEM決済対応のショップがすぐに出来る「Quick NEM」サービス提供開始

そんな暗号通貨であるが、通貨としての用途が最も根本であり、せっかく持っているのならぜひ使って送金システムを体感すべきではないだろうか。

レスキューワーク株式会社では、NEM決済をネットショップに導入することができるプラグインを開発し公開したようだ。「Quick NEM」というサービスで、ホームページにリンクを貼るだけでNEM決済対応のネットショップとなる。

このQuick NEMは、CMSの1つであるオープンソースのブログソフトウェアのWordPressを使うことができ、プログラミングの知識がなくても導入できる。

Quick NEMサービスの仕組みはどうなってるの?

システムはとても単純でわかりやすい。

  1. HTMLリンクパラメータにユーザーIDと金額を指定。
  2. リンクをクリックした、購入希望者にquicknem.com上でQRコードが表示。
  3. ウォレットに指定の金額が入金されると、入金完了となる。

NEM決済をネットショップに導入できるプラグインが公開!その仕組みとは?画像参考:Quick NEM公式

Quick NEMを利用するには、ユーザー登録が必要となる。
登録料は無料となっており、無料でNEM決済をネットショップに導入することができる。
※利用料として、決済額の1%が必要となります(決済機能に送付先住所入力機能をつけると2%)

決済額の1%の利用料でNEM決済を導入することができるのは、とても手軽ではないだろうか?

Quick NEMでのNEM決済導入で店舗の負担が減らせる

VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEXなどのクレジットカード決済をネットショップへ導入すると、月額手数料1,000円~にプラスして、決済手数料が4~5%程度必要となる。これらの手数料はお店側の負担となるので、Quick NEMでのNEM決済導入がいかに手軽に始められるかがわかる。

また、暗号通貨では独自のトークンを作成することができるので、このトークンを絡めたエンタメ性を考えることで、今までにはないネットショップとすることもできるのではないだろうか?未来を作るテクノロジーをどう活かすか、今どう取り入れていくかで、それはいつの間にか、今後のスタンダードとなっていくように思う。

関連
現在のネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート
往復6時間以上かけて炭火焼肉たむら蒲生本店でNEM決済してきた
たむらけんじ インタビュー:仮想通貨・ブロックチェーンへの想いとは?

参考
Quick NEM