ブロックチェーンのオンライン学習サービスPoL(ポル)がメイカーダオとの協業発表

編集部おすすめ

ブロックチェーンのオンライン学習サービスPoL(ポル)がメイカーダオとの協業発表

「学習するほど資産が貯まる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecが9月19日、ステーブルコイン「ダイ(Dai)」の発行・管理を行う次世代の分散型金融プロジェクト「メイカーダオ(MakerDAO)」との協業開始を発表した。カリキュラムの公開は9月末~10月初旬の予定。

ブロックチェーン学習サービスとMakerDAO協業の背景

さまざまな業界におけるブロックチェーンの活用事例をオンライン上で学習することができるPoLは、これまでブロックチェーンを活用したプロジェクトの運営母体と共同でカリキュラムを制作することにより、質の高いコンテンツを提供している。

そこで今回の協業の背景として、金融業界におけるブロックチェーン活用事例カリキュラムを制作にするにあたり、MakerDAOへアプローチしたところ、日本でプロジェクトの認知拡大を強めたいとの意向と合致したため、今回の協業が実現した。

ステーブルコインについても学べる内容

今回の協業により、PoLはステーブルコインのDaiやMakerDAOの推進する次世代組織DAOについて学習カリキュラムを提供する。MakerDAOとの共同制作で行われたカリキュラムは、「なぜステーブルコインが必要なのか」「どのように価格を安定させているのか」といった内容だけでなく、近日中に行われるアップデートに関する内容も学習できるとしている。

MakerDAOのKathleen Chu氏は、PoLとの協業について「 Makerプロトコルに関する情報を入手、理解しやすくすることは、日本での我々の優先事項の1つです。 PoLとのコラボレーションの機会に感謝し、楽しみにしています」とのコメントを発表している。

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーン学習サービス「PoL」を開発する田上社長が目指す学習歴社会の実現
MakerDAO(メイカーダオ)など増加するレンディングアプリケーション、それぞれの金利の決定方法とは?
全ETHの約2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託、これってどんな仕組み?