• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

polygon(Matic)

polygon ロゴ

ポリゴン(polygon)は、もともと2017年にイーサリアムのスケーリング問題の解決を目指してマティック(Matic)という名称で始まったプロジェクトです。2020年6月にメインネットがローンチし、2021年2月に現在のポリゴン(polygon)としてリブランディングしました。

ポリゴン(polygon)は多くのプロジェクトで採用されており、DeFi(分散型金融)の分野であればSushiSwap(スシスワップ)やAave(アーベ)、ゲームとNFT関連ではマイ・クリプト・ヒーローズやOpenSea(オープンシー)でも利用されています。

ポリゴン(polygon)はプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しており、発行する暗号資産「MATIC」は、ネットワーク内の手数料とステーキングに使用されます。

■公式サイト:polygon

polygon(Matic)の記事一覧
polygon(Matic)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ポリゴン(Polygon)共同創業者、ブロックチェーンゲームの今後やインドの事情について語る

ポリゴン(Polygon)共同創業者、ブロックチェーンゲームの今後やインドの事情...

最近、その動きが目立つポリゴン(Polygo)。今回は、そんなポリゴンの共同創業者であるサンディープ・ナルワール(Sandeep Nailwal)氏が語った、ブロックチェーンゲームやインドの事情について紹介します。
ポリゴンがNFT/ゲームを支援する「Polygon Studio」 を立ち上げ

ポリゴンがNFT/ゲームを支援する「Polygon Studio」 を立ち上げ

イーサリアムのスケーリングソリューションとして急速に成長したブロックチェーンプラットフォームのポリゴン(Polygon)が、NFTの利用を加速させるべく、新たにポリゴンスタジオ(Polygon Studio)という部門を設立しました。
ドルチェ&ガッバーナがNFTコレクションを発表、ポリゴン(Polygon)上のマーケットプレイスと提携

ドルチェ&ガッバーナがNFTコレクションを発表、ポリゴン(Polygon)上のマ...

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)が7月14日、NFTマーケットプレイスのUNXDと提携してNFTシリーズを公開すると発表しました。Polygon Network(ポリゴン)が利用されている今回のは発表について紹介します。
EIP-1550のポリゴン版が提案される、イーサリアム重要アップデートの影響は?

EIP-1550のポリゴン版が提案される、イーサリアム重要アップデートの影響は?...

マティック・ネットワーク(Matic Network)に関する議論を行うフォーラムに「EIP1559 on Polygon」というテーマが投稿されました。イーサリアムのアップデートで行われるEIP1559のポリゴンへの影響について紹介します。
MATICホルダー必見!Polygonのプロジェクト動向【2021年6月版】

MATICホルダー必見!Polygonのプロジェクト動向【2021年6月版】

イーサリアム(Ethereum)のエコシステムを拡大し、安い手数料で速くトランザクションが実行できるPolygon(旧Matic)の2021年6月プロジェクト動向として、サポータープログラムやハッカソンなどを紹介します。
polygon(旧Matic)使い方完全ガイド

polygon(旧Matic)使い方完全ガイド

polygon(ポリゴン)ネットワークを使うための基本的な操作の方法をまとめます。イーサリアム(Ethereum)からMaticにブリッジする方法、Maticからイーサリアムのメインネットに戻す方法も解説します。
DEXアグリゲータの1inchもPolygon(ポリゴン)に対応!概要と使い方解説

DEXアグリゲータの1inchもPolygon(ポリゴン)に対応!概要と使い方解...

DeFi(分散型金融)のアグリゲーションプロトコルである1inch(ワンインチ)ネットワークがポリゴン(Polygon)に対応したことを発表しました。そこで今回は、1inchの概要と使い方を紹介します。
人気急上昇中のPolygon(Maticトークン)ステーキング方法

人気急上昇中のPolygon(Maticトークン)ステーキング方法

ポリゴン(Polygon)は2017年にイーサリアムのスケーリング問題の解決を目指してマティック(Matic)という名称で始まり、2021年にリブランディングしました。そんなPolygon(Maticトークン)ステーキング方法を紹介します。
スシスワップもPolygon(ポリゴン)対応!概要とやさしい使い方ガイド

スシスワップもPolygon(ポリゴン)対応!概要とやさしい使い方ガイド

イーサリアム(Ethereum)エコシステムの主要なDEX(分散型取引所)の一つであるスシスワップ(SushiSwap)がポリゴン(Polygon)に登場。概要と使い方をできるだけ分かりやすく紹介します。
Polygon(ポリゴン)のエコシステムDeFi(分散型金融)でも活用進む

Polygon(ポリゴン)のエコシステムDeFi(分散型金融)でも活用進む

Polygon(ポリゴン)は、イーサリアム(Ethereum)のスケーラビリティを助けるフレームワークです。今回は最近目立つPolygonに対応するDeFi(分散型金融)の主要なプロジェクトについて紹介します。
Polygon(仮想通貨Matic)の基本情報と今後の展望

Polygon(仮想通貨Matic)の基本情報と今後の展望

イーサリアム(Ethereum)が抱えるスケーラビリティの問題を解決するPolygon(ポリゴン)を採用するプロジェクトや開発者が増えています。そこで今回は、Polygonの基本的な情報から今後の展望までを紹介します。
Polygon(旧Matic)がエンタープライズ領域にも注力、Infosys社とM-setuで協業

Polygon(旧Matic)がエンタープライズ領域にも注力、Infosys社と...

NFT領域で注目が集まるPolygon(旧Matic)はエンタープライズ領域にも注力し始めているようです。インフォシス・コンサルティング(Infosys Consulting)との共同プロジェクトについて紹介します。

polygon ロゴ

ポリゴン(polygon)は、もともと2017年にイーサリアムのスケーリング問題の解決を目指してマティック(Matic)という名称で始まったプロジェクトです。2020年6月にメインネットがローンチし、2021年2月に現在のポリゴン(polygon)としてリブランディングしました。

ポリゴン(polygon)は多くのプロジェクトで採用されており、DeFi(分散型金融)の分野であればSushiSwap(スシスワップ)やAave(アーベ)、ゲームとNFT関連ではマイ・クリプト・ヒーローズやOpenSea(オープンシー)でも利用されています。

ポリゴン(polygon)はプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しており、発行する暗号資産「MATIC」は、ネットワーク内の手数料とステーキングに使用されます。

■公式サイト:polygon

人気のインタビュー記事

最新記事

コインチョイスのTelegram