ビットコイン支払い、大手会計事務所でも

4297

4大会計事務所PwC(プライスウォーターハウスクーパーズ)が香港でビットコイン支払いを受けたようだ。

仮想通貨の認知度が高まり、様々なビジネスが生まれるなかで、PwC香港は仮想通貨関連のスタートアップや関連企業との取引があり、仮想通貨での支払いを受け付けるようにとの要望があったとウォールストリートジャーナルは報道している。

また、PwCアジアパシフィック地域でチェアマンを務めるRaymund Chao氏は「これはビットコインやその他の仮想通貨が決済方法としてより広く受け入れられるまでに発展したこと示している」と述べているようだ。

過去にはPwC以外にもアーンスト・ヤングがスイスで仮想通貨での支払いを受け付けており、さらにEYは社員がより仮想通貨になじめるようにオフィスにビットコインATMを設置するなど積極的に仮想通貨に関する取り組みを行ってきた。

飲食店やオンラインショッピングなどで一般ユーザーがビットコイン決済を行えるシーンは増えてきているが、これからB2Bでも仮想通貨が支払いに使われる動きは広まるのだろうか。

現在は資産を増やすためのトレードが盛んだが、これから支払いの手段として広まっていくのかについても注目しておきたい。

CryptoCoinNews