ステーブルコインのテラ(Terra)について学べるQ&A

編集部おすすめ

ステーブルコインのテラ(Terra)について学べるQ&A

皆さんはステーブルコインというとどのような通貨を思い浮かべますか?今回は韓国のEコマースなどで注目度を高めているステーブルコインプロジェクトのテラ(Terra)について紹介します。

今回は9月にベトナムで行われたAMAの内容とこれまでのおさらいを元にQ&A形式でTerraについて紹介します。

テラ(Terra)の基本について

Q:テラ(Terra)とはどんなプロジェクトですか?
まず、テラ(Terra)とは、Eコマースでの決済手段としての活用を目指しているプロジェクトで、ミッションには「人々を毎日の決済に関する不透明な手数料から開放する」という思想が掲げられています。

Q:Terraステーブルコインにはどんな種類がありますか?
テラはステーブルコインプロジェクトで、米ドルとペッグしたTerraUSD(UST)韓国ウォンとペッグしたTerraKRW(KRT)、モンゴルのトゥグルグと連動する通貨(MNT)というように、いろいろな通貨と連動したものがあります。

terraのトランザクションボリューム
出典:https://station.terra.money/

Q:Terraはどうやって価格を安定させているの?
Terraはシニョレッジシェアと呼ばれるタイプのステーブルコインで、担保資産がなく無担保型です。価格安定方法は、エコシステム内の各プレイヤーにインセンティブを与えることでトークンの供給量を調整し、価格の安定を実現しようとしています。

ステーブルコインのTerraの市場価格が目標価格に対して上がりすぎていた場合は、アルゴリズムが自動的にTerraを発行します。上がりすぎた価格からターゲット価格まで価格を下げるようにします。逆にTerraの市場価格がターゲット価格に対して安かった場合は、アルゴリズムが市場でTerraを買い上げます。

ここにインセンティブとして用いられているのがLUNAトークンというTerraのエコシステム内に存在するもう一つのトークンです。

このようにステーブルコインのような安定通貨と、それを安定させるために存在するもう一つのトークンがセットになって設計されているプロジェクトは、他にメイカーダオ(MakerDAO)などがありますが、モデルはMakerなどとはまた異なります。

関連記事:TerraとLUNA価格安定の仕組み

テラ(Terra)の今後の行方とは?

Q:Terraが普及する兆しはあるの?
Terraのエコシステムマネージャーは、Terraのマスアダプションについて次のように述べています。Terraが導入されている決済アプリ「Chai」をきっかけに、決済分野での一般普及に向けて大きく前進しています。

Chaiはブロックチェーンを使って構築された最も人気のあるアプリの1つに成長し、韓国の人口の3%以上がChaiを使って、韓国No.1のオンライン旅行代理店、No.1の書店、No.1のゲーム出版社、No.1のコンビニエンスストア、トップのeコマースサイトなどさまざまな商品やサービスの支払いに利用しています。2020年8月現在、Chaiのユーザー数は190万人を超え、年間稼働率は10億ドルに達しており、複数の加盟店で利用した場合の平均滞留率は80%を超えています。

国内ではまだこれから知名度を上げていく段階ですが、お隣の韓国ではかなり大きなプロジェクトになっているようです。

Q:DeFi(分散型金融)におけるTerraのメリットとチャンスはどこにある?
Terraのエコシステムマネージャーによると次のように説明されています。Terraを使うメリットの一つにスケーラビリティと効率性が挙げられます。Terraはイーサリアムではくテンダーミント(Cosmos SDK)ベースのブロックチェーン上で稼働しており、10~14,000の秒間トランザクションを実現しています。

アンカーはDeFi、チャイもDeFiですが既存のDeFiアプリケーションの中には、まだTerra上にないものがたくさんあります。開発者にとっても議非常にエキサイティングな領域のはずなので、ぜひTerra上にDefiアプリケーションを構築してほしいと思っています。また、Terraのアセットをイーサリアムで使用できるようにするためのブリッジプロジェクトが進行中です。

Q:Terraについてもっと知るには?
日本語での情報発信はTwtterやDeiscordで行われています。興味のある方はぜひ見てみてください。

・Terra Japan (テラ):・@terra_japan
・Discord(日本語あり):https://discord.gg/SPXxnuu
・公式サイト:https://terra.money
・ホワイトペーパー:https://terra.money/static/Terra_White_Paper.pdf
・基礎知識おすすめ記事: https://coinchoice.net/what-is-stable-coin-project-terra/
・エクスプローラー:https://finder.terra.money/

【こんな記事も読まれています】
ステーブルコインのテラ(Terra)が「Velo Labs」と提携
TerraUSD(UST)とは?ステーブルコインとインターオペラビリティ
テラ(Terra)の分散型金融(DeFi)レンディングプロジェクト「Anchor」とは?


前のニュース新型コロナウイルスでビットコインの盗難増加か?カスペルスキーのサイバー脅威レポート
次のニュース【墨汁速報】S&P DJIインデックス 仮想通貨版S&P500指数を2021年ローンチ予定
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。