【墨汁速報】Radar ビットコインのライトニングを活用したイーサリアムブリッジRedshiftをローンチ

編集部おすすめ

【墨汁速報】Radar ビットコインのライトニングを活用したイーサリアムブリッジRedshiftをローンチ

イーサリアムDEXのレーダー・リレー(Radar Relay)の開発で知られるスタートアップのレーダー(Radar)は、イーサリアムウォレットでビットコインのライトニングネットワークとのスワップを可能とする「RedShift」と呼ばれる新規サービスをローンチ。ビットコインとイーサリアムとのブリッジが可能となる。

Redshiftの仕組み

イーサリアムのコントラクトに使用するのに欠かせないのは、イーサリアムとブラウザの融合であるWeb3.0を提供するブラウザ拡張型のウォレットサービスのメタマスク(Metamask)だ。RedshiftはMetamaskに新しいウィジェットを導入し、ライトニングネットワーク上でのビットコインアドレスに当たる「ライトニングインボイス」を使用することができるという。

このRedShiftでの処理はRadarがイーサリアムからビットコインへとスワップを行い、ライトニングネットワークのペイメントチャンネルを管理していることにより、受取人はビットコインで支払いを受けることが可能となる。RedShiftではDAIやその他のERC20トークンなどでも同様に使用可能だという。

使い方は非常に簡単で、スワップするアセットを選択し、ライトニングインボイスを入力、SWAPを押すというステップのみだけだ。

出典:Radar

ビットコインとのブリッジ需要

Radarのプロダクトマネージャーのブランドン・カーティス(Brandon Curtis)氏はCoindeskの取材に、「ビットコインかイーサリアムどちらかのみを使用したいというユーザーは存在するが、両方のチェーンの使用や複数の仮想通貨、両チェーンのブリッジを可能にしたいというサイレントマジョリティが存在すると考えている」と述べている。

またカーティス氏はRadar Relayのユーザーからの一番のリクエストは、DEX上でビットコインのトレード取引を可能にすることだという。

イーサリアムのブリッジは今後加速する

またRadarはビットコインだけではなく、その他の仮想通貨とのブリッジを可能とするために取り組んでいるとしており、イーサリアムとのクロスチェーンワーキンググループはイーサリアム上でのビットコインであるラップドビットコイン(WBTC)や、Zcashの開発で知られるエレクトロニックコインカンパニーによるZcashのイーサリアムネットワークへのブリッジなどがすでに存在する。

近年DEX(非中央集権取引所)はDeFiの飛躍と同様に需要やオプションを拡大しており、現在では謙遜なく使えるイーサリアムにとって重要なプロダクトだ。今後ハッキングや不祥事などのリスクの高い取引所を使用せずに、DEXだけで全てがまかなえる日もそう遠くないだろう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

参考:Ether on Lightning Is the Latest Bridge Crossing Crypto’s Great Divide

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】Nasdaqシステム採用の仮想通貨取引所 DX.exchage閉鎖へ 引出し期限注意!
マカフィー氏が分散型取引所McAfeeDEXのベータ版を公開
ブロックチェーン・スタートアップ企業が2018年半期で新記録、18億ドルの資金調達