楽天ウォレット仮想通貨取引の口座申し込み受付開始

編集部おすすめ

楽天ウォレット仮想通貨取引の口座申し込み受付開始

楽天ウォレット株式会社が4月15日、新たなウェブサイトを公開し、予定されていた新サービスの「楽天ウォレット」の口座申し込みの受付開始を発表した。楽天ウォレットは2019年3月25日、金融庁から仮想通貨交換業の登録業者として認定を受けていた。

口座開設には楽天会員の登録と楽天銀行口座が必要となり、既に楽天銀行の口座を持っている場合は、即日で口座開設が可能になる場合もあるという。また公式ウェブサイトによると、取り扱う仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類となっている。今後、場所を選らばず、仮想通貨の取引や口座への出入金が行えるようスマートフォン向けのアプリの提供も予定している。

【こんな記事も読まれています】
あと5年で仮想通貨決済が主流に?IMF(国際通貨基金)のアンケート結果
ツイッターのCEOが毎週100万円相当のビットコイン(BTC)を購入する理由とは?

参考
楽天ウォレット