リアルBitcoinを手に取る!フィジカルコインとは!?

3051

編集部ピックアップ


(画像はRaimu, Inc.より)

暗号通貨は言ってしまえば、インターネット上のデータにすぎません。法定通貨とは違い、現物の紙幣や硬貨という感覚はなく、仮装の通貨であることから仮想通貨とも呼ばれています。

仮装のもの、インターネット上のもの。という観点から、未だに一般層になかなか受け入れられていない現実もあります。

私たちが生まれた瞬間にはすでに、紙幣や硬貨が当たり前のように流通し、それが普通で自然でした。商品を買う、対価を受け取る時にはごく自然に紙幣や硬貨を手に取り数を数え手に取っていたでしょう。

Bitcoinでは手に取る感覚がなく、インターネット上で数字が羅列されているだけで、持っているという感覚が不自然に感じているのではないでしょうか?生まれながらにして当たり前だったことと、それから離脱したものとでは、なかなか受け入れがたいと思うのも仕方ありません。

そんな背景がありますが、Bitcoinなどの暗号通貨は技術が素晴らしく、むしろ紙幣や硬貨よりも信頼性があると思う投資化や有志の活動により2017年くらいから、徐々に広がりを見せてきました。

リアルBitcoinを手に入れよう!!

そんな背景の中、Bitcoinを手に持つことができるというリアルBitcoinがあるので紹介します。その総称はフィジカルコインと言います。フィジカルコインとは、Bitcoinをより現物化させることで、今までの紙幣や硬貨と何ら変わりない感覚を生み出したものです。

 日本では、「悟 Satori(https://satoricoin.jp/)」などが有名です。

 Bitcoinでは、秘密鍵と公開鍵によってBitcoinを受け取ったり、送金したりする動作を分けています。秘密鍵と公開鍵は対になっており、秘密鍵は自分しか知らないことでセキュリティを強化しています。

Bitcoinを受け取る時には公開鍵である受け取りアドレスを相手に教えれば、メールを送信するかのように、Bitcoinを送金することができます。ですが自分のウォレットに入っているBitcoinを動かす時には秘密鍵に夜署名が必要なので、ウォレットの本人でしかBitcoinを送金することはできないのです。

この常に対になっている秘密鍵と公開鍵の仕組みを利用しているのがリアルBitcoinであるフィジカルコインです。

フィジカルコインである「悟 satori」を例にあげると、コインにシールが貼ってあり、このシールの下に秘密鍵が隠されています。

そして、その秘密鍵に基づいた公開鍵による受け取りアドレスにBitcoinを送金することで、フィジカルコインは完成します。フィジカルコインを使いたい時は、シールをめくり、秘密鍵を普段使っているウォレットにインポートするだけです。ただし、一度秘密鍵で取り出したフィジカルコインは、もう使い物にはなりません。

 「ペーパーウォレット(https://www.bitaddress.org)」も同様の仕組みとなっています。

 価格の変動が激しいと言われるBitcoinですが、フィジカルコインなどに変えてしまっておくことで、その存在を忘れ、いつか思い出した時には・・・なんてことがあるかもしれませんね。

また海外では、フィジカルコインのデザインの幅も広く、一部のフィジカルコインではプレミアが付いているとか。コレクターとしては、全フィジカルコインをコンプリートしたいですね。