世界で人気のHuobi(フォビ)を最初に選ぶ理由

編集部おすすめ

世界で人気のHuobiを最初に選ぶ理由

世界的取引所Huobiが日本進出

Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨取引所Huobiが日本で2019年1月にオープンした仮想通貨取引所です。リップル(XRP)やモナコイン(MONA)などの人気のアルトコインも取扱っており、ユーザー間で自由に取引できる取引形式を採用しています。

Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。仮想通貨初心者の方の中には「Huobi」の名前を聞いたことが無い方も多いかと思いますので、この記事ではHuobi Japanを選ぶメリットをご紹介します。

初心者がHuobi Japanを選ぶメリット

全ての取扱い通貨が板取引に対応

センタリング
まず、初めて仮想通貨に触れる方に知っておいてもらいたいのは、仮想通貨を売買できる交換所には、「板取引形式」と「販売所形式」の2種類があることです。

「板取引形式」では、交換所を利用するユーザー同士で仮想通貨を売買します。「ビットコインをX円で買いたい」「ビットコインをX円で売りたい」という注文が板に並べられ、マッチングした注文から取引が成立していきます。希望の価格で仮想通貨を売買できるメリットはありますが、反対の注文が無いと取引が成立しません。交換所には、売買成立時に定められた取引手数料を支払います。

「販売所形式」の特徴は、取引が対ユーザーではなく対販売所であることです。ユーザーは交換所から仮想通貨を購入、あるいは売却をします。販売所が手数料を上乗せして提示した価格レートで購入するため、市場価格より不利な価格で買うことになります。この売り買いの差をスプレッドといい、相場状況により変動します。

初心者は「買い/売り」ボタンだけのシンプルでとっつきやすい販売所を選びがちですが、初心者こそ手数料が低く済む板取引形式でトレードに慣れたほうが良いという意見もあります。世界の多くの取引所が板取引形式なので、Huobi Japanで板取引形式に慣れていれば他の取引所にチャレンジするときもスムーズですよ。

取引手数料

Huobi Japanの取引手数料は下記の表の通りです。

センタリング
出典:Huobi公式サイトより

メイカー(Maker)/テイカー(Taker)とは

取引所の板に出ている指値注文において売買が成立した際に、成立した取引の指値注文を出していた取引参加者を「メイカー」と呼び、その相手方となる注文を発注した側を「テイカー」と呼びます。

現在Huobi JapanではBTC/JPYのメイカー、テイカー手数料はともに無料で、JPY建てのその他通貨ペアもメイカー手数料は無料です。仮想通貨初心者には優しい仕様ですね。

分かりやすい注文方法

センタリング
出典:Huobi公式サイトより

主な国内取引所とHuobi Japanでは、注文の仕様が少し異なります。Huobi Japanには、価格を指定する「指値(さしね)注文」と、価格を指定せずに今すぐに売買する「成行(なりゆき)注文」という2つの注文方式があります。Huobi Japanと主な国内取引所では、この成行注文に違いがあります。

主な国内取引所の成行注文は、仮想通貨を購入する際、「売買数量(枚数)」を入力して指定します。例えば、「ビットコインを0.1枚成行で購入」という注文です。この方式だと、購入する仮想通貨の枚数は指定した通りですが、購入にかかる金額が不確定です。目安である「予想価格」は表示されますが、成行行注文は相場急変動時に思いもよらない価格で成立してしまうこともあるため、購入金額が変動するのは不安ですよね。

一方、Huobi Japanの成行注文は、「売買金額」を入力して指定するため、「ビットコインを2,000円分成行で購入」という注文ができます。この場合、購入にかかる金額を確定して注文ができますので、想定していた予算をオーバーしてしまうことはありません。初心者の方にとっては利用しやすいのではないでしょうか。実は海外の取引所では基本的にHuobi Japanと同じ方式(マーケットオーダーといいます)です。グローバルで活躍するHuobiならではの仕様なんですね。

国内人気通貨の取扱いが豊富

センタリング
出典:Huobi公式サイトより

イーサリアムやライトコインなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は、交換所によって取扱いの種類が違います。Huobi Japanでは、リップルやモナコインをはじめとする6種類の仮想通貨を売買できる上、仮想通貨↔仮想通貨の取引である「ビットコイン(BTC)建て」の通貨ペアも提供されています。日本で最も人気のあるアルトコインのリップル(XRP)がBTC建てで取引できるのは日本国内でHuobi Japanだけなのも注目すべきポイントです。

Huobi Japanは初心者でも使いやすい

センタリング
出典:Huobi公式サイトより

取引のしやすさやセキュリティなどを踏まえると、Huobi Japanは初心者にも利用しやすい取引所です。現在、BTC/JPYの通貨ペアが取引手数料無料で取引できるので、Huobi Japanでいろいろ試してみることができます。

Huobi Japanは、TwitterやFacebookなどのSNSで仮想通貨に関する情報を提供しています。YouTubeチャンネルでは、分かりにくいブロックチェーンや仮想通貨のことをやさしく解説する「仮想通貨100問」が連載されています。仮想通貨のイロハを知るためにも、Huobi Japanの各SNSをチェックしてみましょう。