Ripple(リップル)CEOが語る「XRP価格はいつまでもビットコイン価格に相関しない」

4361

Ripple(リップル)のCEOが語る「XRP価格はいつまでもビットコイン価格に相関しない」

Ripple社のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)は、ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)との間に当初から存在した(価格変動の)高い相関関係が近く終わるとの考え方を示した。

同CEOが2018年5月30日、CNBCとのインタビューで語ったもので、今後相関関係が終焉(しゅうえん)する引き金になるのは、それぞれのプロジェクトが提案する独自の利用法について、投資家の理解が進むことを指摘している。

CNBCインタビュー出典:CNBC

リップル(XRP)は近い将来ビットコイン(BTC)とは異なる資産クラスに

ガーリングハウスCEOは「XRPとビットコインの価格は今のところ大きな相関関係があるが、究極的にはそれぞれ独立したオープンソースのテクノロジーである。早いうちにそのような事情を反映する、もっと合理的なマーケットと行動になって現れるだろう」と語った。

同CEOは、現在1500以上ある仮想通貨が今後取引されていく可能性について、10年後に存在している仮想通貨は、今あるそれの1%(約15種)ほどになっているだろうとの予測を示した。

多くのデジタル資産に対する個別の利用例は、株式、債券、商品など、より広範な金融市場における独自の資産クラスと類似しているという。従って、ビットコイン価格の実績が、より広域の仮想通貨市場と相関関係を持って取引されないことを想定すれば、仮想通貨の傘の下で、個別の資産クラスが誕生することを意味する。

同CEOは、仮想通貨業界は野球で言えば序盤であり、市場を支えるその他仮想通貨はまだ試合前の段階にとどまっていると指摘した。「仮想通貨はまだ創生期にある。市場には、投機が取引活動を支配している。人々が今とは異なるより良い利用法を理解するのは時間の問題である」 と指摘した。

リップル(XRP)独自の国際送金業務がビットコイン(BTC)との差別化進む

XRPについて同CEOは、Ripple社は事業的側面からみると、余り良い成績を収めていないという。Rippleは決済スタートアップ企業としては記録的ペースで契約を結んでいる。最近では、クウェート最大手銀行であるKuwait Finance Houseが、海外送金業務にRippleNetを利用する契約を結んだ。また多国籍送金事業会社MoneyGram(マネーグラム)は、ウォルーマートと提携して、RippleのxPaidを使う国際送金サービスを開始する。

関連:国際送金システムRippleNetにクウェートの銀行(KFH)が新たに参入

投資家の関心の1つは、ビットコインの価格が下落すれば、ほかのアルトコイン価格はさらに大きく下落することである。Ripple自体は、即時グロス決済システムであり、同社独自の為替交換・送金ネットワークである。同社が発行するトークンXRPは、世界のどこでも即時グローバルな決済を可能にする。

Ripple社は2018年第1四半期、積極的に提携、事業を次々と発表した。ガーリングハウスCEOによると、Rippleは新しい企業と20の契約を結び、マネーグラムはじめ企業コンソーシアムがXRPによる国際送金テストに成功している。

最近の1例を紹介すると、英国の外貨交換業者で国際決済事業者のCurrencies Direct Ltdは、XRPのxRapidプラットフォームを使った国際決済テストに成功した。スクリーン上に映し出された複数国の送金業務は数秒で完了したが、通常の海外銀行間送金は5日以上かかる。

同社のブライアン・ハリス最高製品責任者は「XRPを利用した送金テスト、素晴らしい成功を収めた。収集した証拠から、XRP利用はゲームチェンジャーであることが分かった」とコメントしている。Rippleのアシーシュ・ビルラ上席副社長(製品担当)は「xRapidは、コストと時間を大きく短縮することによって、送金の流れを大きく変えた」とも語っている。

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

関連
英国FX企業がRippleのxRapidを利用した国際送金テストに成功、大手金融サービス業では初
リップル(XRP)の価格・相場・チャート

参考
CCN
Bitcoinist