【墨汁速報】ダボス会議 リップル社CEO 「1年以内にIPO」リップル社の”自然進化”?

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインデリバティブBitMEX 同社の投資家により約325億円の訴訟を起こされる

リップル社の最高経営責任者(CEO)のブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏が、1年以内にリップル社は株式公開を実質する可能性を示唆。現在行われている世界経済フォーラムのダボス会議にて、ガーリングハウス氏はIPOについて「リップル社の自然進化」と表している。

関連記事:【墨汁速報】ダボス会議 Bakktアプリは仮想通貨決済アプリよりPayPalのようになる

リップル社IPOは必然か?

ダボス会議中、ガーリングハウス氏は「1年以内に仮想通貨/ブロックチェーン界隈でリップル社のIPOを見ることになるだろう。仮想通貨企業として初ではなく、最後のIPOとなるわけでもないが、リップル社は常に業界を率いる側だと期待している。IPOはリップル社にとって”自然進化”だ。」と発言。

2019年12月にリップル社はシリーズCラウンドで2億ドルの資金を調達。シリーズCは基本的にIPOを行うための最終段階であり、企業評価額は100億ドルとなっていた。リップル社はこれまでに約3億ドルの資金調達をしている。

 

出典:Crunchbase

2019年第4四半期のXRP売却数は80%減少

リップル社が今週公開したデータによると、第4四半期のXRPの売却数は80%の減少を記録しており、2019年末でのXRP売却数は1,308万XRPとなっている。対して2018年は6,624万XRPとなっている。このXRPの売却数は過去3年で最も少ない数となっており、第4四半期のXRP価格は最高値の33円から最大で41%の下落を記録した。

 

出典:Trading View

 

The Blockの調べによると、リップル社はこれまでに12.2億XRPを売却しているという。

XRPの価格・相場・チャート

参考
Ripple’s IPO could come within 12 months, suggests CEO

【こんな記事も読まれています】
XRP価格はゼロにも60ドルにもなる、著名アナリストが投資の心得説く
総取りする勝者なくXRPは生き残る、リップルCEOが強気の発言
仮想通貨ウォレットのBRDがXRPコミュニティに参加

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュース春節を迎える中国、ビットコイン(BTC)は下落するのかしないのか?
次のニュースどのような分散型金融(DeFi)プロトコルを使うべきか?「DeFi Score」による評価
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者