FIFAワールドカップ開催地のホテルで宿泊費のビットコイン(BTC)決済が可能に

4988

FIFAワールドカップ開催地のホテルで宿泊費のビットコイン決済が可能に

今年(2018年)の6月に開催されるサッカーワールドカップを観戦するためにロシアを訪れるサッカーファンたちは、宿泊費をビットコイン(BTC)で支払うことが可能となる。ロシアのカリーニングラード市のホテルは8ヵ国からの宿泊客を見込んでおり、ビットコインによる支払いサービスを提供するために国内の決済サービスプロバイダーと提携したという。イングランド対ベルギーの試合が行われる日に1部屋予約した場合、宿泊料金は法定通貨でおよそ300米ドルとなる。

カリーニングラード市のホテルがFree-Kassaと提携

ロシアで最も西側に位置する州都カリーニングラード市は、2018年FIFAワールドカップ開催都市の1つだ。この世界的な大会は6月14日から7月15日にロシア連邦で開催される。同市には、スペイン、ベルギー、セルビア、イングランド、スイス、クロアチア、モロッコ、そしてナイジェリアからチームおよびサポーターが訪れることとなる。

カリーニングラード市のホテルのオーナーたちは、宿泊客がビットコイン(BTC)で宿泊費を支払うことができるようにすることを決定した。地元メディアによると、あるホテルチェーンはすでにこのサービスを提供するために決済処理サービスプロバイダーと提携しているという。

ホテルチェーン「Apartments Malina」のマネージャーAnna Subbotina氏は、「仮想通貨に対する関心は高まっている。仮想通貨は支払い手段として徐々に使われ始めていくことでしょう。」とコメントした。

Subbotina氏は、旅行やビジネスに関するメディア「Buying Business Travel Russia」に対して、「私たちは、サッカーファンたちがこの革新的な技術の助けによって宿泊費の支払いを(ビットコインで)行えるようにすると決定した。」と話した。同氏は、この地域における他のホテルもすぐに今回の例にならって、仮想通貨による支払いサービスを提供するようになるだろうと考えている。

ホテルチェーン「Apartments Malina」の運営会社は、ビットコインを含む仮想通貨の取引サービスを提供するロシアの電子決済サービスプロバイダーの1社と提携した。この決済サービスプロバイダー「Free-Kassa」の開発マネージャーVitaliy Lavrov氏は、「この提携は私たちにとって面白い経験となる。私たちはこれまでホテル企業と提携を結んだことは無い。」と語った。続けて「ホスピタリティ業界は新しいトレンドに非常に敏感だ。」と述べた。

開催都市の宿泊費は大会の数ヶ月前から高騰している。航空券およびホテルの検索サービス「Aviasales Travel」のPRディレクターYanis Dzenis氏によると、カリーニングラード市はロシアの旅行先ので最も高価な都市だという。彼はロシアの情報メディアInterfaxに対して、「イングランド対ベルギーの試合が行われる6月28日にカリーニングラード市で1部屋予約するためには18,000ルーブル以上(300米ドル以上)かかる。」と述べた。これは通常料金の10倍以上の価格だという。

初めての試みが多い今回のワールドカップ

今回のワールドカップでは、ロシアの11都市にある12のスタジアムで試合が行われる。ロシアでワールドカップが開催されるのは今回が初めてで、東ヨーロッパとアジアという2つの大陸にまたがって開催されるのも初となる。また、ビデオ判定が初めて利用されるワールドカップでもある。ほとんどのスタジアムは新しく建設されたか改修されたもので、全体では32の国家代表チームがワールドカップを争い、カリーニングラード市では4試合が行われる。

今年、仮想通貨の規制する2つの法案がロシアの議会に提出されている。1つは、デジタル金融資産に関する法案で、これはブロックチェーン技術、マイニング事業およびICOを合法化するものだ。2つ目は、今週提出された法案で、仮想通貨の使用を規制し投資家の権利を守るためにロシアの民法を修正するものだ。両法案とも夏までに、早ければワールドカップ開催前に採用される見込みだ。

参考:Bitcoin.com