ロシアにて仮想通貨での決済を合法化させる新たな法案が審議中

2362

ロシアで仮想通貨の支払いを合法化させる法案が審議中!?

ロシアで提出された法案は、現在世界中で規制が議論されている仮想通貨において、保有者の権利は保証され、支払い手段として浸透させる旨が説明されている。

この法案は “仮想通貨のデジタル通貨としての権利“ と言われている。主に審議されるのは、仮想通貨に関する課税について、相続権、破産についてである。

仮想通貨はロシアにおいて合法な支払い手段となる?

この法案の可決の際には、現在のロシアの民法を改め「仮想通貨経済圏における合法性」という内容が追記されることになる。

今回はロシア下院議員のヴャチェスラフ・ヴォロージン氏と、法案議会委員長のペイベル氏によって提案された。彼らは、デジタル通貨における経済圏のイニシアチブを取ろうとしている。

以前財務省より提出された法案によると、ビットコイン等の仮想通貨の先駆的役割をした通貨や、仮想通貨のマイニングを規制し、仮想通貨を規制する方向だったと専門家たちは言っている。

これら仮想通貨の運命はロシア中央銀行(CBR)が大きな権限を有している。そしてこの銀行は再三にわたって仮想通貨の危険性について露呈してきた。

今回の法案はそれら以前の法案とは逆に肯定的な内容になっている。ロシア新聞によると、仮想通貨は「デジタル通貨」としての地位を獲得することになると報じている。さらにその記者によると、仮想通貨がデジタル通貨として定義され、その権利が保障されることは、仮想通貨取引の成立において重要であるとしている。

支払いの受理、預金、送金において義務的なものは発生しないが、将来的に仮想通貨での支払いが技術的に確立され危険性が排除された時に、この法案の存在は支払いシステムが円滑に進むきっかけとなることであろう。

ペイベル氏は今回の法案について次のように述べている。

「将来的に言えば、仮想通貨は支払い手段として使われることになるだろう。しかし、その範囲は法律で限られた範囲であることには変わりない」

いずれ、仮想通貨の供給量は調整されユーザーの情報は政府に収集されることになる。このことについて立法者たちは、政府がユーザーの仮想通貨による破産や相続といったことを調査しやすくなるとみている。

新しい法案は可決されれば5月より施行

この法案によって、スマートコントラクト等のデジタル決済が促進されることが期待されている。仮想通貨によるスマートコントラクトによる決済は、現在の契約と同じぐらい有効になっていくだろう。

仮想通貨における法律は電子上における課税の土台を作りあげた。これらはさらに、違法なマネーロンダリング(資金洗浄)対策にも有効であると思われる。

もしこの法案が可決されれば、今年の5月1日より施行となる。施行される際、この法案を補足する法律が、仮想通貨の流通量を見て決定されるだろう。それらには、ロシア中央銀行と財務省の協力が必要である。

仮想通貨の合法性の議論はロシアでこれからも焦点になっていくだろう。中央銀行や財務省は様々な提案を行っている。その提案は仮想通貨の取引の無料化など肯定的なものから、徹底的な禁止について考えるものや、仮想通貨関連による犯罪の責任問題など様々である。

いずれにせよ、この法案が可決した際にはロシアにおいて仮想通貨が支払い手段として一定の地位を得ることになる。

(翻訳者:RAVA)

参考:Bitcoin.com