【墨汁速報】MakerDAO SAIのMCD(DAI)移行率が約4倍に イーサリアム上のエコシステム対応まとめ

編集部おすすめ

イーサリアム上の分散型金融(DeFi)の新たなステージとなるメイカーダオ(MakerDAO)のマルチコラテラルDAI(MCD)は、日本時間12月3日をもってエコシステムの大半が移行を完了となる。これに伴い、SAIからDAIへの移行率は43.51%まで大きく上昇しており、SAI保有者はエマージェンシーシャットダウンのリスクが高まっている。

DeFiエコシステムのDAIへの移行

コンパウンド(Compound)や各分散型取引所(DEX)などのイーサリアム上のコントラクト、ビットフィネックス(Bitfinex)などの仮想通貨取引所は、12月3日までにETHのみを担保としたシングルコラテラルDAIのSAIから、ERC20トークンにも対応したマルチコラテラルDAI(MCD)への移行を表明した。

12月3日の深夜にレバレッジDEXや仮想通貨取引所がDAIへの移行完了を発表し、DeFiのエコシステムの9割以上が新たなMakerDAOのコントラクトへ移行したことになる。主要仮想通貨取引所ではビットレックス(Bittrex)がまだ未対応となっているが、今流行のレバレッジDEXなども既に対応しており、SAIの上場廃止はプロジェクトによるため下記対応表通りとなっている。

MCD対応状況まとめ

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム上のDeFi中核 Compound MCD(DAI)を早くも対応へ

SAI保有者はMCD移行を推奨

MakerDAOが新たにローンチしたマルチコラテラルDAIでは、SAIが攻撃を受けてドルのペッグを保てないとき、イーサリアム上でのオンチェーンガバナンスによってSAIを停止するエマージェンシーシャットダウンというプロトコルが実装されている。

SAIからMCDへの移行は自主的に行われており、移行目安期間などは設けられていない。だが、SAIへの攻撃があった場合にはエマージェンシーシャットダウンが起動されることで、Makerエコシステムを守るために新たなDAIの発行などが停止され自動的にMCDへと移行されることになる。

このとき、SAI発行者には比較的リスクは低く、CDPをクローズするだけとなるが、SAI保有者はヘアカットリスクがあるため、余裕を持ったMCDへの移行が必要となる。

MCD(DAI)移行率

12月3日現在のDAI移行率は43.52%となっており、DeFiエコシステムのMCD移行に伴い50%まで迫っている。この移行率は11月末から移行が加速しており、約1週間で約DAIの供給量が4倍にもなっており、エマージェンシーシャットダウンの可能性が上昇してきているといえる。

CompoundにおけるDAIのレンディング金利は一時10%を記録し、現在はDAIセービングレート(DSR)の2%より高い2.95%を維持しており、MCDの需要が見られる。エコシステムの移行完了に伴い、SAIからDAIへの移行はより加速していくことになるだろう。

SAIとDAIの数量比較

出典:Sai2Dai

【こんな記事も読まれています】
DeFi(分散型金融)が向かう次のステージとは?Maker財団CEOによる論考
DeFi(分散型金融)のセクターそのものに投資をする合理的な回答はETH?
イーサリアム(ETH)以外でDAIが発行可能に?MakerDAOでその仕組みがまもなく実装