ソルト(SALT)がライトコイン(LTC)を採用、そのメリットとは?

4064

編集部ピックアップ

ソルト(SALT)がLitecoin(ライトコイン)を採用、そのメリットとは?

ブロックチェーン技術とビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)を含む仮想通貨は、既存の銀行や、法定通貨の概念とは違う金融システムを構築すると開発者らは主張している。現状はまだ理想でしかないとされてる一方で、確実にその兆しは見せ始めている。

仮想通貨でローンを組めるソルト(SALT)とは?

新しいブロックチェーンのプロジェクトは既存の金融システムよりも、安価で安全に、そして早い機能をユーザーに提供する。2016年に創業したソルト(SALT)はその一例である。2017年にリリースされた成長段階のこのサービスは会員制の仮想通貨ホルダーに借入を可能にする。

つまり、ローンを仮想通貨で組みたいときにソルトは非常に有効であるということである。このシステムは仮想通貨経済と既存の金融システムを銀行の仲介なしにつなぐアプリケーションである。この例にはリップル(Ripple)や、ステラ(Stellar)などがある。

ローンを仮想通貨で組むことで、取引量が増加し、需要が増えるという利点があり、トークンを有用性のあるもにしている。

また、ローンの利率は7万5,000ドル(約840万円)以下のローンであればおよそ5.99%である。しかし、最大の2,500万ドル(約28億円)まで取引した場合の金利は11.99%ほどになる。

ソルトを使うことで、より高額なローンを組むことができニーズに合わせた金利を提供することができる。これは、管理機能によって変わる可能性がある。このサービスは多くのデジタル技術に見られるよう、プラットフォーム上にアカウントを作成することで、利用できるようになる。

ライトコイン(LTC)が採用して生まれるメリット

10月4日にソルトのプラットフォームにおいてライトコイン(LTC)を採用して融資サービスを提供すると発表があった。このライトコインは信頼性が高く重要な通貨の一つであるため、このニュースの意義は大きいだろう。

ライトコインはドイツにある銀行「WEG Bank AG」を買収し、インターネット、モバイル取引だけに狙いを絞るのではなく、実際に通貨を使えるようデビットカードの発行を計画している。

ライトコインはグーグルの元エンジニアであり、プロジェクトリーダーであるチャーリー・リー氏(Charlie Lee)によって作られた。この通貨は、信頼性とシステムの強固さを維持するためビットコインから派生したコイン。またマイニングプロセスをより軽くし、トランザクションをより早く、そして安価にするという狙いもあった。

ビットコインは依然として支配的な位置を築いているが、ライトコインは仮想通貨において最高の技術を合わせて作られたものであり、現在の金融システムの中にも利用されている。

ソルトは仮想通貨保有者によって優れたサービスを提供するプラットフォームであり、ライトコインをサービスの中に組み込むことによって、企業とユーザーにとっても有益なものとなった。というのも仮想通貨の取引量と需要の両方が増えるため、仮想通貨保有者にとっても嬉しいニュースだろう。

(執筆者:RAVA)

関連
HTC社のブロックチェーンスマートフォンがライトコインをサポートへ、LTC創設者も歓喜
ライトコイン(LTC)の価格・相場・チャート

参考
Globalcoinreport

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット