新たな送金サービス「マネータップ(MoneyTap)」提供開始、今後の展開や登録方法

編集部ピックアップ

新たな送金サービス「マネータップ(MoneyTap)」提供開始、今後の展開や登録方法出典:https://moneytap.jp/

10月4日に、SBIリップルアジアが新たな送金アプリケーションサービス「マネータップ(MoneyTap)」の一般サービス開始を発表した。同社が事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」に参加している複数企業の共同研究によって実現したとのことだ。

アプリケーションはiOS(App Store)、Android(Google Play)でダウンロードができる。

マネータップ(MoneyTap)の特徴

マネータップはリップル(Ripple)が開発した製品xCurrentを基盤とした送金アプリだ。内外為替一元化コンソーシアムに参加した銀行間でリアルタイム決済が可能で、24時間365日サービス対応しているとのことだ。

現時点では内外為替一元化コンソーシアム参加企業である、りそな銀行・住信SBI銀行・スルガ銀行の3行で開設された口座間での送金ができ、日本円での取引に対応している。

併せて、口座番号以外にスマートフォンに搭載されていることも多い、指紋認証技術、QRコード読み取り技術などを組み合わせて採用することで、高いセキュリティを実現しているとのことだ。

SBIリップルアジアマネータップ(MoneyTap)公式出典:https://moneytap.jp/

手数料については各銀行が送金ごとにあたって個別に設定するとのことだが、対象の3行は、マネータップが可能とする限度(1回3万円、1日10万円)の送金については、送金手数料は無料(2018年10月時点)。

マネータップ(MoneyTap)利用者の声

サービス開始からもうすぐで2週間経つが、現在GooglePlayマーケットでは★評価4.8、App Storeでも★評価4.7という高い評価が寄せられている(5段階評価)。今のところ、商用化から間もない段階といえるが、寄せられた期待感の高さがうかがえる。

マネータップ(MoneyTap)今後の展開、仮想通貨への対応は?

リップル(Ripple)が関わった送金サービスであるマネータップ。仮想通貨への対応をはじめ今後どのような展望を考えているのだろうか。SBIリップルアジアへの取材(問い合わせを行いました)によれば、現時点でマネータップは法定通貨の利用を想定しており、仮想通貨への対応は未定とのことだ。

ただ、内外為替一元化コンソーシアム参加銀行へのサービス拡大は漸次行っていくとのことで、銀行との交渉が済み次第、公式に発表していくという。

マネータップ(MoneyTap)の登録手順

ここからはマネータップ(MoneyTap)の登録手順を紹介します。
マネータップのアプリは無料でダウンロード可能。登録において必要なものは以下の通りです。

利用するために準備するもの

  • 対応金融機関の口座(インターネットバンキング登録済み)
  • SMSが使用できる電話番号
  • Eメールアドレス
  • スマートフォン(iOS、Android)
    ▼iOSとは?

  • iOS ver.10.0以上
  • iPhone5s以降の機種
  • Touch ID(指紋認証)もしくはFace ID(顔認証)が登録されていること
    ▼Androidとは?

  • Android ver.6.0以上
  • 生体認証の利用を推奨

アプリをダウンロード、必要事項を登録

まず、お持ちのスマートフォンからアプリをダウンロードします。(下記画像はPCのイメージです)

SBIリップルアジアマネータップ(MoneyTap)公式

App Storeからダウンロード
Google Playからダウンロード

ダウンロードをしたら立ち上げると「Money Tap」のロゴがでます。するとすぐに「ようこそ Money Tapへ」という画面になるので、初めて利用する方は「サインアップ」をタップします。
※「引継ぎを行う」とは、別の端末から引き継ぎを行いたい時にタップします

「サインアップ」する前に、利用規約を読みます。
同意したら、小さな丸の中にチェックを入れて「次へ」。

SBIリップルアジアマネータップ(MoneyTap)公式

「ユーザー情報」というページに切り替わるので、以下の情報を入力します。

  • アカウント名(表示名)
  • 携帯電話番号
  • Eメールアドレス
  • 氏名(フリガナ)
  • 生年月日
  • 電話番号による振込許可の有無

全て入力したら「確認」をタップ。すると入力項目の確認ページに切り替わるので、間違いがないか確認します。全てOKだったら「仮登録」というボタンをタップ。

SBIリップルアジアマネータップ(MoneyTap)公式

その後、SMSとメールアドレスの認証コードを入力する画面になるのですが、すぐにSMS(ショートメッセージ)、登録メールアドレス宛それぞれに、別の6桁の番号が送られてきます。その番号をアプリ内に入力します。するとサインアップ完了!

その後は、ご自身の使いたい銀行口座を登録したら使えるようになります。「銀行を選択」という部分をタップすると、3銀行(りそな銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行)が選択できます。

SBIリップルアジアマネータップ(MoneyTap)公式

これらが登録の手順となりますので、これから利用を考えている方は必要なものをしっかり準備しておくとスムーズだと思います。

参考:SBIグループ

関連:リップル(XRP)の価格・相場・チャート

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット