米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJキャレドに罰金、ICOの不正な宣伝に関与

編集部おすすめ交換所

米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJ キャレドに罰金、ICOの不正な宣伝に関与

米証券取引委員会(SEC)が現地時間の11月29日、プロボクサーで世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー氏(Floyd Mayweather)と音楽プロデューサーで「DJ キャレド(DJ Khaled)」の名で知られるカリッド・カリッド氏(Khaled Khaled)に対して、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の不正な宣伝に関与したとして罰金を科したことを発表した。SECがICOに関する違法な宣伝に対応した初めてのケース。

メイウェザー氏、罰金など7,000万円の支払いに合意

メイウェザー氏は3社のICOの宣伝に関与し、その内の1社であるセントラテック社(Centra Tech Inc)からは10万ドル(約1,130万円)を受けとり、支払いを受けた宣伝であることを公開していなかった。メイウェザー氏は、ツイッターで「セントラテック社のICOが数時間後に開始する。完売する前に手に入れよう。私はもう買った」と宣伝していた。カリッド氏も同社から5万ドル(約560万円)を受け取り、自身のソーシャルメディアのアカウントで宣伝していた。

2人はSECの判断に対して否認も容認もせず、不正利益の返還と罰金の支払いに同意した。メイウェザー氏は合計61万4,775ドル(約7,000万円)、カリッド氏は合計15万2,725ドル(約1,700万円)の支払いに合意している。またメイウェザー氏は今後3年、カリッド氏は2年間にわたり、いかなる証券の宣伝を行うことが禁止された。

著名人の宣伝には警戒が必要

SECの法執行課のディレクターを務めるスティーヴン・ペイキン氏(Steven Peikin)は「投資家はソーシャルメディアに投稿された投資アドバイスについて用心すべきだ。また有名人が薦めているという規準で判断すべきではない」とコメント。また「ソーシャルメディアのインフルエンサーの多くは、報酬を受け取り宣伝しており、投資の専門家でない。また彼らが宣伝する証券はブロックチェーンを使っていようとも詐欺の可能性がある」と投資家に注意を呼び掛けている。

メイウェザー氏とカリッド氏が関与したセントラ社の共同創業者の3人は今年4月に同社が行ったICOが詐欺であるとして逮捕、起訴された。ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所によると、同社がICOで集めた資金は6,000万ドル(約68億円)に上る。

関連
「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場についても言及
仮想通貨急落の舞台裏:SECが未登録ICOに罰金約2,820万円、投資家には朗報も企業には悪夢?

参考
U.S. Securities and Exchange Commission

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット