SEC仮想通貨詐欺の関係者5名を提訴、YouTubeなどで宣伝し約2,200億円集める

編集部おすすめ

SEC仮想通貨詐欺の関係者5名を提訴、YouTubeなどで宣伝し約2,200億円集める

アメリカの証券取引委員会(SEC)は5月28日、仮想通貨詐欺のビットコネクト(BitConnect)に関係するプロモーター5名を提訴したと発表。5名は、未登録有価証券の販売を行い個人投資家らから20億ドル(約2,200億円)以上を集めていたとされている。

YouTubeを使った宣伝で資金調達

ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に提出されたSECの訴状によると、ビットコネクトは2017年1月頃から2018年1月頃まで、米国を拠点とする複数のプロモーターのネットワークを利用した貸付プログラムの証券のマーケティング、および販売を行ったという。このプロモーターは連邦証券法で義務付けられている証券募集の登録を行っておらず、ブローカー・ディーラーとしての登録せずに証券の募集と販売を行った。

また、宣伝担当者は、作成した動画をユーチューブ(YouTube)で公開し、ビットコネクトの貸付プログラムに投資するメリットを公開していた。時には1日に何本も投稿することもあった。プロモーターらは投資家から集めた資金に応じて手数料を受け取っていたという。

デジタル資産に対する一般の人々の関心を利用

SECのララ・シャロフ・メラバン(Lara Shalov Mehraban)氏は、「これらの被告は、個人投資家にビットコネクトの貸付プログラムを積極的に宣伝し、未登録のデジタル資産証券を違法に販売したと」とコメント。

また同氏は、「私たちは、デジタル資産に対する一般の人々の関心を利用して違法に利益を得た者の責任を追及する」と述べている。

参考
SEC Charges U.S. Promoters of $2 Billion Global Crypto Lending Securities Offering

【こんな記事も読まれています】
SECのビットコインとイーサリアム以外の暗号資産カストディの方針、規制作りの上手さ
コインベース(Coinbase)がSECに上場申請資料を提出、同社の事業を知る
ビットコインは4,000万円に?6か月連続陽線を再度記録し、強気予想も続々出現

文:かにたま

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース仮想通貨に風当たりの強い中国などトップ5カ国の現状を探る
次のニュースイーサリアム(ETH)の今度はどうなる?マイニングの終了とPoSへの完全移行
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。