【後編】バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケースまとめ

編集部おすすめ

【後編】バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケースまとめ

本コラムは、最も主要な取引所トークンであるBNBが、どのようなユースケースがあるのか、2019年6月時点でのBNBのユースケースをまとめて網羅することを目的にしています。

前編:バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケースまとめ

バイナンス(BINANCE)の登録方法・特徴などはこちら

手数料割引、VIPクラスアカウントになる条件がBNBの保有

通常バイナンス(BINANCE)の取引手数料は0.1%ですが、BNBトークンでこの手数料支払いをすると、割引が行なわれます、これはビットコイン(BTC)建ての取引でも、アカウントにBNBトークンをリザーブしていれば、BNBトークンでディスカウントされるので、必ずしもBNBトークン建でトレードを行う必要はありあせん。

この割引率は、1年目は50%ですが、2年目は25% 、3年目は12.5%、4年目は6.75%で徐々に割引率が下がり、5年目にはディスカウントは終了する予定です。2019年5月現在、バイナンスはこの割引機能を使用するユーザーに対して、0.75%の手数料で取引を提供しています。

また、バイナンスはアカウントにVIPクラス制度を設けています。VIPの基準は、直近30日にトレードをした量とBNBの保有数の2つで決定します。最もランクが高いVIPアカウントは、トレード手数料が格安で取引できるようになる代わりに、条件として執筆時点の相場で約4,000万円程度の価値のBNBをアカウント内に保有する必要があります。

バイナンスのVIPアカウント
参照:Binanceアカウント内から

BNB保有によるアフィリエイトの優遇

バイナンスは取引所の紹介者にリワードを与えるアフィリエイトプログラムを行っています。アフィリエイトプログラムは誰でも参加できますが、アカウントに保有しているBNBの量に応じて報酬に傾斜がかかっています。

紹介者は、紹介した人がバイナンス上でトレードをした際に手数料の20%をリファラルフィーとして受け取れます。アカウントに500BNB以上を保有している場合は、手数料の40%をリファラルフィーとして受け取ることができます。

関連:バイナンス(BINANCE)アフィリエイト報酬・やり方の紹介!

外部企業との連携など、その他のBNBユースケース

バイナンスはさまざまな提携先を確保して、支払いなどのオプションにBNBを使用できるようにしています。一つ一つは大きなユースケースとは言えませんが、数が多くBNBのユースケースを増やすことに非常に積極的であることが伺えます。

ただしリストにあるサービス群は、ほとんど全てがメジャーなサービスとも言い難く、これまでBNBにとって「おまけ」のユースケースであると言っても差し支えないでしょう。

BNBユースケースの提携先
出典:Binance

BNBのユースケースまとめ

本コラムではBNBのユースケースについて改めて概観をしました。利益・キャッシュフローと結びつけがあるトークンモデル(バーン)が根底にあり、より多くの保有者を増やす戦略(アフィリエイト、VIP、IEO)で継続的な保有インセンティブを与え、さらに独自ブロックチェーンでのネイティブトークンとしての用途(未来の期待)があることがBNBの価格を支えている要因といえるでしょう。

BNBの価格・相場・チャート
バイナンス(BINANCE)の登録方法はこちら

【こんな記事も読まれています】
バイナンス(Binance)の顧客第一主義である凄さ、戦略におけるAmazonとの共通点とは?
バイナンス(Binance)アメリカ進出へ、金融犯罪執行ネットワーク登録企業と提携
仮想通貨でもレバレッジ取引が普通に?バイナンス(Binance)がβ版サイトを公開


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com