実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場

編集部おすすめ

実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場

実用化のフェーズに入ったEthereumのレイヤー2

イーサリアム(Ethereum)をはじめとしたパブリックブロックチェーンは取引処理能力に限界があることは広く知られている通りです。結果としてブロックチェーン上のアプリケーションである分散型取引所や分散型金金融などのアプリケーションで画期的なものが登場しても、その処理性能の限界によって利用者の伸びが頭打ちになるケースがありました。

これに対して、レイヤー2ソリューションはイーサリアム本体ではなく、一部の処理をオフチェーンで処理することによって、イーサリアム本体に負荷をかけることなく、トランザクションを処理する方法を指します。ビットコインではライトニングネットワークが有名で、イーサリアムには古くはRaiden Networkがあり、最近ではPlasmaやRollupが注目されています。

これらレイヤー2は2015-2018年は研究開発期であり、昨年2019年にはプロトタイプが多く出てきました。そして恐らく2020年から3年間は実用化のフェーズとなるでしょう。2020年に入り、ユーザー向けのアプリケーションが多く出ています。

ユーザー向けサービスも多く登場

Synthetix

Synthetixは金や法定通貨などあらゆる資産を暗号資産担保によるトークン化をするプロジェクトです。このプロジェクトがレイヤー2で高速なトレード体験を実現しようとしています。開発に協力するのは、Plasmaの開発グループであったPlasma Groupのメンバーによって設立されたOptimism社で、Optimistic Rollup・OVMという技術を用います。

synthetixイメージ
出典:SYNTHETIX

OVMを使うことで取引コストの削減とレイテンシーの短縮の効果が期待でき、いずれも20倍~100倍程度の改善が見込まれています。

Loopring

Loopringもレイヤー2ソリューションを積極的に開発・利用しています。こちらも分散型取引所でありながら、高速なトレード体験を構築するというものです。

取引手数料は現時点でメイカーは0%、テイカーは0.1%と比較的安い価格となっています。取引はzkRollup(ゼロ知識証明)でまとめて処理されるため、取引ごとに手数料がかからないのが特徴です。またzkRollupの導入によりTPSは安定して100を達成できると主張しており、イーサリアムメインネットの10前後を大きく上回ります。

loopringイメージ
出典:・Loopring

中央集権取引所より効率的な取引の場として選ばれる日も?

これらレイヤー2の分散型取引所が中央集権の通常の取引所とほとんど変わらずに、使用ができます。まだ現在では技術的興味関心が強い人がレイヤー2のアプリケーションを触ってみる、という段階ですが、この状況はあと1~2年で変わり始めるでしょう。

イーサリアム上には、さまざまなレンディングプロトコル、取引プロトコルが存在し、これらを組み合わせることで、場面次第で中央集権取引所より効率的な取引の場としてブロックチェーンネイティブな分散型取引所が選ばれるという日も近いのではないのでしょうか。

参考
The Synthetix.Exchange L2 demo is now live on OVM!
Loopring Launches zkRollup Exchange: Loopring.io

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素
【墨汁速報】イーサリアム2.0 公式”Altona”テストネットローンチは1週間以内を予定
イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュースビットコイン(BTC)下落の陰に見え隠れするプラストークンの動き
次のニュース数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは?
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。