ブロックチェーンに必要とされるセカンドレイヤーとEnigma(エニグマ)の仕組み

3485

ブロックチェーンに必要とされるセカンドレイヤーとEnigma(エニグマ)の仕組み

Enigma(エニグマ)を知っている人は、まだまだ数が少ないと思います。Enigmaはブロックチェーンのセカンドレイヤーとも呼ばれ、シークレットコントラクトや分散ストレージで注目を集めています。今回は、簡単なEnigmaの概要まとめてみます。

Enigma(エニグマ)の概要

ブロックチェーンに必要とされるセカンドレイヤーとEnigma(エニグマ)の仕組み画像参考:Enigma公式より

ブロックチェーンについておさらい

ブロックチェーンテクノロジーは、様々な面で私達の生活に革命を起こそうとしている。中央管理者の権威によってコントロールされていたお金や情報は、ブロックチェーンテクノロジーにより取り出された。

ブロックチェーンを用いることで、第三者機関を介すことなく、直接個人間でお金や情報のやり取りを行うことができる。ただし、ブロックチェーン上にあるデータは完全に公開され、誰にでも確認することができる。プライバシーはゼロ。

ブロックチェーンのネットワークを構築するノードは、同じトランザクションを処理している。これにより、ブロックチェーン上でのスマートコントラクトには時間がかかる。この問題が解決されれば、ブロックチェーンはもっと普及する。

Enigmaプロトコル

Enigmaプロトコルは、分散化された未来を推進。負荷のかかる処理をオフチェーンで行い、またスマートコントラクトのデータは暗号化することで、プライバシーが確保されたシークレットコントラクトとなる。

Enigmaはすべてのブロックチェーンで動かすため、セカンドレイヤーとして稼働。Enigmaネットワークを維持するノードは、シークレットコントラクトを検証することで報酬を得る。データの中身を覗くことはない。

例えば、製薬会社の統計をEnigmaを用いて、暗号化されたデータとして演算を行う。このことで薬の重大な発見を得ることができる。これは、完全にシークレットのデータとなっているため、データの個々を知ることはできない。データをさらさずに、統計の情報提供をしてくれた各個人に報酬を与えることができる。

ブロックチェーンに必要とされるセカンドレイヤーとEnigma(エニグマ)の仕組み 画像参考:Enigma公式より

Enigmaのメリット、今後の展望

Enigmaは、暗号化されたデータにてスマートコントラクトを実行できるというプライバシーに優れた面と、分散型ストレージを掲げている。またEnigmaはセカンドレイヤーと呼ばれ、ブロックチェーンのメインチェーンへの影響を与えず、動作する考え方である。このため、メインチェーンの負荷を削減できるほか、特定のチェーンへの依存も必要としない。これにより、独自でプロトコルの実験を繰り返す事ができる。

既存のブロックチェーンには、スケーラビリティーやプライバシー、演算データの拡大など様々な問題があるなか、セカンドレイヤーを用いることで、メインチェーンを後押しし、組み合わせによってより優れた技術へと変革する。

このセカンドレイヤーにより、ブロックチェーンのユースケースも拡大し、現在困難とされているデータ管理などにも応用できるのではないだろうか。

Enigmaをはじめとしたセカンドレイヤーにも注視し、ブロックチェーンのユースケースと分散化される未来を考えていきたいと思う。

関連
KyberNetworkはブロックチェーンの次フェーズの為、新たに開発を進める
ブロックチェーン技術が拡大するメリット、世界を変える7つの理由とは?

参考:Enigma公式