ビットコインSegwitがロックイン:8月22日頃にアクティベーションか

編集部おすすめ

*追記:8月22日時点では8月23日(水)にアクティベーションが予想されています。

8月9日の明け方に、Segwitがロックイン。ビットコイン界隈ではこれを喜ぶ声が上がっている。

長い議論や分裂騒動があったが、この技術が実際にビットコインに実装されるのも、もうすぐだ。

Segwitは2016ブロックを数えるサイクルの中で95%のブロックがSegwitの準備ができていればロックインすることになっており、今回のサイクルでこの要件が満たされるのが確定した。

その後さらに約2週間(2016ブロック進む必要があり、1ブロックあたり10分を要する計算)を経てアクティベーション。

Segwitがアクティベーションされると1MBのブロックの中にこれまでより多くの取引記録を格納できるようになる。また、「トランザクション展性」と呼ばれる欠陥も解決できる。

本稿作成時点では、479743ブロック目。ロックイン期間終了まで残すこと64ブロックなので、8月9日 夜にロックイン期間終了(ブロック479808)、8月22日ごろ Segwitアクティベーション(ブロック481824)を迎えるのではないかと思われる。

ブロックのカウントはBlockchain Explorerなどで検索してHeight(ブロックの高さ)を見れば誰でも簡単に知ることができる。


(上記はblockchain.infoより)


前のニュースMastercardが仮想通貨の返金に関する新しい特許を申請
次のニュース一般企業によるICOは、合理性があるのか
ヨリコ ビール
ビールとも呼ばれています。2015年夏から仮想通貨の翻訳や編集を中心に活動中。難しい言葉やコンセプトが多いからこそ、文系女子の視点からなるべく分かりやすく楽しい記事を目指しています。Youtubeチャンネル「ビットコイナー反省会」ツイッターでも情報発信中。