ビットコインMT4チャートの設定方法 その1

11241

編集部ピックアップ

ビットコインでも、FX同様にMT4が使えます。

通貨ペアはビットコイン円(BTC/JPY)、ビットコインドル(BTC/USD)、ビットコインユーロ(BTC/EUR)の3種類で表記はカッコ書きのように表現されます。

まだまだ発展途上のビットコイン業界です。各社様々なツールを提供していますがどこか使い難かったり、使いたいテクニカルが設定されていないことが多いです。

ですので、ビットコイントレードを実践する際は、MT4でチャート分析をすると良いでしょう。

もちろん、スマートフォンのアプリもあります!

今日は、ビットコインMT4初心者の方向けへのコラムになります。

設定方法から説明をしていきます。(デスクトップ版の説明になります。Windows限定です。)

ビットポイントでMT4をダウンロード!


(出所:BITpointJpan)

まずはビットポイントのホームページにアクセスしましょう。

こちらがホームページのTOP画面です。

まず、画面中央上層部の「取引ツール」をクリックします。

そうしますと、上記の画面に飛びますので、「BITPoint FX MT4」ダウンロードはこちら、をクリックしてください。

ダウンロードボタンを押した後、デスクトップ上にファイルの置き場所を設定していきます。

ライセンス条項に同意しますに「チェック」をいれると「次へ」が押せるようになります。

次へを押して進めてください。

そうしますと、インストールを開始します。

緑色のバーが一番右に来ましたら、インストール完了です。

完了ボタンを押してください。

パソコンの空き容量やスペックに寄りますが、ダウンロード時間は数秒から1分程度で終わることが多いです。

デスクトップ上に「アイコン」が出現しますので、ダブルクリックでツールを立ち上げてください。

次にログインIDとパスワード入力が求められます。

口座開設がまだの方は先に口座開設申請をしてください。

プラットフォームからチャート簡易設定まで。

▼MT4立ち上げてログイン後、こういった背景がブラックのチャート画面が立ち上がります。

最初はドル円やユーロドルのチャートになってますが、気にしなくても大丈夫です。

BTC円のチャートを立ち上げる手順を見てみましょう。

▼まず、左上の丸で囲った箇所をクリックしてください。

すると、通貨ペアがいくつか表示されます。

BTC/JPYを選択してクリックします。

すると・・・

BTCJPYチャートが出現します。

当初のデフォルト設定では、バーチャートの縮小チャートで出現しますので、これを拡大して見やすくしましょう。

キャプチャ中央部上層の矢印ボタンを1度ずつ、そして四角で囲った部分をそれぞれ1度ずつ押してください。

BTC/JPYのローソク足チャートが出現!

すると、このような綺麗なBTCJPYチャートが出現します。

ローソクの足の色や背景色も全てお好みの色に変更が可能です。

もちろん、水平線やトレンドライン、フィボナッチなども簡単に引けたり消したりできます。

チャート分析のためのツールについては次回お話をしたいと思います。

▶ビットコインMT4設定方法・第二話へ(coming soon…)

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット