暗号資産(仮想通貨)を買えるのはいくらから?少額で始める方法とメリット

編集部おすすめ

仮想通貨を買えるのはいくらから?少額で始める方法とメリット

株など従来の金融商品は投資を始めるのに、まとまった資金が必要です。これに対して、暗号資産(仮想通貨)は少ない金額から投資ができます。今回は、仮想通貨投資に興味がある、もしくは始めたいと考えている初心者の方に、少額から始める仮想通貨投資について解説します。

暗号資産(仮想通貨)いくらから始められる?

まず結論から言うと、暗号資産(仮想通貨)への投資は1,000円程度あれば十分始められます。仮想通貨には通貨単位と呼ばれるものがあります。例えば、ビットコインの「BTC」やイーサリアムの「ETH」がそれ通貨単位になります。

そして仮想通貨の売買を行うための取引所では、それぞれ最小取引単位という仮想通貨の売買が成立するために最低限必要な金額を定めています。国内取引所では、最小取引単位を「BTC」もしくは「円」で設定しており、取引所によっては100円からビットコインを購入することもできます。

暗号資産(仮想通貨)を少額から始める3つのメリット

暗号資産(仮想通貨)投資を少額から始めるメリットは大きくわけて3つあります。

少しの資金で大きな利益を獲得できる可能性

暗号資産(仮想通貨)は少額投資でも大きな利益を狙えます。その1つ目の理由は、仮想通貨の価格変動が非常に大きいことが挙げられます。2つ目の理由は、レバレッジをかけられるからです。レバレッジについては後ほど詳しく説明します。

分散投資をしてリスクを抑えられる

投資先を分散してリスクを軽減することは、投資の基本です。少額投資では、一つ一つの投資にかかる資金が少ないので、分散投資をしやすい手法です。ただし、あまりにも投資先を分散しすぎると混乱してしまうため、バランス良く投資をしましょう。

投資を勉強するいいきっかけになる

仮想通貨の少額投資を始めることは、投資の知識を身につける良いきっかけになります。日本国民の間では、投資よりも貯蓄という考え方が根強く、それでは元金からほとんど資金が増えません。少ない資金から仮想通貨で投資を始めることで、投資について学ぶきっかけとなり株式や投資信託などその他の金融商品への投資を始めるきっかけにもなります。

少額投資で注意すべき点

少額投資は、初心者にオススメの投資方法です。しかし、これから始めるに当って注意すべき2つの点について解説します。

よく考えてから投資すること

少額投資をする時は、「この仮想通貨に投資をする理由は?」と常に自分に問いかるようにしましょう。もともとの金額が少ない少額投資では、大きく損することはありません。そのため、慎重さを欠いたトレードを行ってしまい、損失につながることになります。一つ一つの取引に真剣に向き合うようにしましょう。

余剰資金で行うこと

暗号資産(仮想通貨)への投資は必ず余剰資金で行うようにしましょう。いくら扱う金額が少なくても、仮想通貨トレードは人を熱中させます。気がづくと、生活に必要なお金も投資で失っていた……なんてことになりかねません。必ず失っても普段の生活に影響が出ない金額で投資するようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)の少額投資の方法

ここでは、少額投資をするにはどのような方法があるのかを解説します。

レバレッジで大きな利益を狙う

レバレッジとは、自分の資金を超えた金額で取引を行う方法です。例えば、Aさんが1万円を資金にレバレッジ2倍でとあるコインを購入したとします。数日後、コインの金額をみたら2倍になっていたので、その購入したコインを売ります。すると、「1(万円) × 2(倍) × 2(倍) – 1(万円) = 3(万円)」が利益になります。要するに、レバレッジを活用すると少額投資でも大きな利益を生むことができます。

積立投資で毎月コツコツ投資をする

取引所によっては、仮想通貨の積立投資のサービスを提供しています。積立投資は、毎月一定の資金を銀行口座から引き出し仮想通貨の購入にあてます。塵も積もれば山となるの精神で、積み上げる資金が少額でも続けていけば、価格が上がったときにまとまった資金を得ることができるでしょう。

まとめ:投資は余剰資金で

仮想通貨の少額投資について、解説してきました。少額投資のメリットだけでなはなく注意すべき点や具体的な方法についても言及しました。筆者も仮想通貨を購入していますが、やはり最初は少額投資を行なって投資に関する知識を養っていました。仮想通貨取引所の口座も最短で10分で開設することができるので、興味がある方はひとまず口座開設から始めてみるとよいのではないでしょうか。

(文・師田賢人)

仮想通貨の始め方コラムまとめ

  1. 仮想通貨の取引所と販売所の違いとは?
  2. ウォレットは種類がいっぱい!どれを使えばいいの?
  3. ホットウォレットとコールドウォレットの違いとは?
  4. シングルシグとマルチシグの違いとは?
  5. 仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング
  6. ビットコイン(BTC)投資に潜む3つのリスクとは?
  7. 仮想通貨を安全に保管する方法とは?
  8. 仮想通貨の積立投資とは?
  9. 未成年でも仮想通貨取引は可能?
  10. 仮想通貨取引に便利なスマホアプリは?
  11. 仮想通貨はいくらから始められる?少額投資のやり方!
  12. 二段階認証とは?

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース【2019年8月2日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート
次のニュースLiquid Network上で発行されるテザー(Tether)がローンチ、サイドチェーンの利用が身近に
師田賢人
フリーライター。「もろた」と読む。仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーン技術を日本一わかりやすく解説する。一橋大学 → コンサル → エンジニア → ライター。2017年にビットコインの論文と出会い衝撃を受け、クリプトの世界に足を踏み入れることに。論理と感性を行き来して言語化することが強み。Official Page:https://w-mokumoku.com