【墨汁速報】S&P DJIインデックス 仮想通貨版S&P500指数を2021年ローンチ予定

編集部おすすめ

【墨汁速報】S&P DJIインデックス 仮想通貨版S&P500指数を2021年ローンチ予定
S&P500で有名なS&Pダウジョーンズインデックスは、ビットコインなどの仮想通貨版のインデックスを2021年にローンチを予定しているという。

仮想通貨版S&P500指数

投資家であれば知らない人はいないと言える、米株インデックスのS&P500を提供するS&Pダウジョーンズインデックスは、投資信託などが、ビットコインETFのようなプロダクトを作成できるようにするため、仮想通貨版のS&P500指数と同様の仮想通貨指数を2021年にローンチするとしている。

Exchange Tradedプロダクト、つまり証券取引所で売買できる投資信託の証券であり、米国ではSEC(証券取引委員会)の厳しい審査基準により、このような仮想通貨のETFはまだ承認されていない。

S&P DJIの仮想通貨指数

S&Pダウジョーンズインデックスによると、仮想通貨データプロバイダのLukkaのLukka ReferenceとLukka Primeを活用し仮想通貨指数を構築するとしている。Lukkaは2014年に仮想通貨税金計算サービスをローンチし、2017年から複数の取引所やOTC取引などからビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の価格を提供するデータサービスを提供している。

S&P DJI「仮想通貨は資産クラス」

S&Pダウジョーンズインデックスのグローバル戦略革新主任のピーター・ロフマン(Peter Roffman)氏は、「1世紀以上にわたってS&Pダウジョーンズインデックスは、グローバルマーケットの革命と成長を反映する適切かつ革新的なインデックス(指数)とベンチマークを作り上げてきたパイオニアだ。ビットコインのような仮想通貨は資産クラスとして急成長し、今がまさに独立した信頼できるベンチマークが必要な時だ」と述べている。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はコロナショックから5倍以上の回復を見せており、このようなエコシステムの発展により2021年以降には米国初となるビットコインETFの承認がされるかもしれない。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコイン約3年ぶりに200万円回復 コロナショック以来5倍に高騰
【墨汁速報】VanEckの新たな現物裏付けビットコインETN ドイツ取引所に上場
【墨汁速報】Bitstamp ロイズから仮想通貨犯罪保険を獲得、ホットウォレットのビットコインなども対象

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:S&P Dow Jones Indices is launching two index products with the help ofcrypto startup Lukka


前のニュースステーブルコインのテラ(Terra)について学べるQ&A
次のニュースstakefishとは?マイニング大手F2Poolの共同創業者が立ち上げたステーキング事業
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者