決済会社スクエアが約179億円分のビットコイン(BTC)を購入

編集部おすすめ

決済会社スクエアが約179億円分のビットコイン(BTC)を購入

アメリカの決済会社であるスクエア(Square)が2月23日、2020年第4四半期と2020年通年の業績を米証券取引委員会(SEC)に提出した。同社のブログ内で発表している。この発表の中でスクエアは、1億7,000万ドル(約179億円)相当のビットコイン(BTC)を購入していたことも明らかにした。なおスクエアのCEO(最高経営責任者)を務めるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)は、ツイッター社のCEOも務めている。

2020年10月にも約5億2,600万円分のビットコインを購入

今回の発表によるとスクエアは、約3,318ビットコイン(BTC)を購入した。この購入に関してスクエアは、「会社の目的に沿ってスクエアは、仮想通貨は経済的に力を与える手段であり、個人がグローバルな金融システムに参加し、自分の経済の未来を確保する方法を提供すると信じている」とその姿勢を明らかにしている。

また、「この投資は、ビットコインに対するスクエアの継続的な取り組みの一環であり、ビットコインへの投資総額を他の投資と比較して継続的に評価する予定だ」としている。

スクエアは2020年10月、5,000万ドル(約52億6,00万円)分のビットコインを購入したことを発表している。これにより合計で2億2,000万ドル(約232億円)分のビットコインを購入したことになる。

今回の発表の中でスクエアは、2020年12月31日段階での保有しているビットコインは、保有している現金、現金同等物、および有価証券の合計の約5%に相当する金額になったことを明らかにしている。

アプリ上で2021年1月には100万人以上の顧客が初めてビットコインを購入

スクエアは、キャッシュアプリ(CashApp)という決済アプリを提供している。このアプリではアンドロイドとiOSのどちらにも対応しており、株やビットコインの購入や売却も可能だ。

スクエアの第4四半期の業績発表に合わせて出された投資家レターによると、2020年には300万人以上のユーザーがキャッシュアプリでビットコインを購入または販売し、2021年1月には100万人以上のユーザーが初めてビットコインを購入したことを発表した。

さらに2020年の第4四半期には、既存のユーザーがビットコインを購入し続け、新しいユーザーがさらに多くのビットコインを購入したため、1ユーザーあたりのビットコインの量は前年比で2.5倍以上増加したと述べている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Square, Inc. Announces Fourth Quarter and Full Year 2020 Results

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ
ビットコイン(BTC)がナイジェリアで800万円超え?市場価格を50%以上上回る異常高騰
ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測


前のニュース【墨汁速報】ビットコイン反発上昇 テザー社とBitfinex NY州の訴訟和解報道で
次のニュースSolana(SOL)でステーキングが稼働開始
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。