世界最大手のオークションハウスがNFTデジタルアートの競売を開始

編集部おすすめ

世界最大手のオークションハウスがNFTデジタルアートの競売を開始

世界的な大手オークションハウスであるクリスティーズ(Christies)が16日、NFTの競売を行うことを発表した。クリスティーズによると、従来のオークションハウスがブロックチェーンに管理された純粋なデジタルアートワークを取り扱うことは初だという。

最大規模のオークションハウスがNFTを競売に

今回クリスティーズの出品する作品は、デジタルアーティストであるビープル(Beeple)の作品だ。同氏は2007年5月以来5,000日連続して自分の作品をオンラインで投稿しており、これらの作品をコラージュ化したものを「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」という題で出品する。競売は2月25日から3月11日までオンラインのみで行われ、入札額は100ドル(約1万600円)から開始となっている。

同氏のInstagramには180万人のフォロワーがおり、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)やナイキ(Nike,)といったブランド、ケイティ・ペリー(Katy Perry)やチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino) といったアーティストともコラボを行っている。

着々と行われるNFTのデジタルオークション

クリスティーズによると、デジタルアートの起源は1960年代にまでさかのぼる。だが複製が容易であるため、作品の経緯や価値を割り当てることはほぼ不可能だったという。

2018年11月にイーサリアムを利用したアートリー(Artory)のブロックチェーン上で、総額3億2,200万ドル(約341兆円)を超える実業家バーニー・A.・エブスワース(Barney A. Ebsworth)氏のコレクションが登録された。この価値水準の芸術品がデジタルで記録されたのは初となった。

2020年10月にはアートデイセールの一環としてロバート・アリス(Robert Alice)の作品が出品された。この作品は。従来のオークションハウスで取り扱う中で、NFTが組み込まれた最初の芸術作品となり、見積もり額のおよそ11倍で競り落とされている。

これまでビープルの作品は、ブロックチェーンによって裏打ちされた市場にのみ出品されてきた。そのため落札価格は記録を塗り替えている。2020年12月に行われたビープル作品20点からなる「ザ・コンプリートMFコレクション(The Complete MF Collection)」は、1週間のうちに総額350万ドル(約37億円)で競り落とされている。

(文:かにたま)

参考
Beeple’s Opus

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨に投資する若年層がますます増えている理由とは?
SerumとSolanaが共同でDeFiハッカソンを開催
イーサリアムは今後20万円へ高騰するのか?エコシステムから見る2017年との違い

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース次の仮想通貨参入企業はAppleかTwitterか?市場は総額150兆円超に到達
次のニュース32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。