仮想通貨ネム(NEM)、SYMBOLローンチ目標とプロセスが発表

編集部おすすめ

仮想通貨ネム(NEM)、SYMBOLローンチ目標とプロセスが発表

仮想通貨ネム(NEM)の次世代ブロックチェーンであるシンボル(SYMBOL)について、NEM財団等からなる移行委員会がローンチ目標やプロセスなどを発表した。カタパルト(Catapult)と呼ばれていたネム(NEM)の次世代ブロックチェーンは、新名称であるシンボル(SYMBOL)となり、2020年にローンチを予定していることで注目されている。そこで、委員会からの発表を基にローンチ目標とそれまでのプロセスを確認していく。

アップデートトップ
出典:Migration Committee Community Update #10

SYMBOLローンチと今後の予定

予定日 内容
2020年1月13日 SYMBOLのティッカー投票開始
2020年1月30日 ブランディングガイドライン・ツールセットの公表
2020年2〜3月 SYMBOLローンチ
2020年3月 ローンチ後の再評価と将来計画の確認

2020年3月にはローンチから評価まで、一通りのプロセス完了を予定しているようだ。現在はテストネットも公開され、開発者やコミュニティーが各々でSYMBOLの動作を確認・検証している。また、取引市場などで銘柄を識別するためのティッカー名についても投票が開始されている。そして、1月末には、ガイドラインやツールセットが公表されるようだ。

ローンチスケジュール
出典:Migration Committee Community Update #10

ローンチに向けたプロセスとして、技術オプション、トークノミクス、ブランドに関する提案を共有・フィードバックし、調整を行う。提案に関して、コミュニティに拒否された場合は再考され、2020年Q1のローンチに影響を及ぼす可能性があるようだ。

開発更新情報

デスクトップウォレット

最新版のデスクトップウォレット(v0.8.11)がリリース。

モバイルウォレット

Androidデバイス向けのダウンロードファイル公開予定。段階的にGoogle Play Store、Apple Store App(iOS)に公開予定。

ブロックチェーンエクスプローラー

最新版がデモ版として利用可能。

ハードウェアウォレット

Trezorへの統合が進む。また、Ledgerへの統合にも取り組む。

レビューおよびテスト

セキュリティレビュープラットフォーム「HackerOne」で公開バグ報奨金プログラムを開始。

テストネット

新バージョンのテストネットが稼働中。

取引所への取り組み

  • 日本の取引所との打ち合わせ実施し、新トークンの上場に向けて準備を開始。
  • NEMのネイティブトークンであるゼム(XEM)を現在上場している取引所からのフィードバックを収集中。
  • 10ヶ所の取引所とコミュニケーションチャネルを確立し、交渉を開始。

ローンチがSYMBOLのゴールではない

2020年2月から3月を予定とするSYMBOLのローンチに向けて、取引所との交渉も進められている。ローンチが最終的なゴールではなく、SYMBOLブロックチェーンとして、どう活用していくのかを考えていくことも大切だ。企業向けブロックチェーンとして生まれ変わるSYMBOLならば、少子高齢化や人口減少、食品ロス、食品偽装など、日本でも広がる社会問題に対してアプローチできる可能性がある。

ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

参考
Migration Committee Community Update #10

【こんな記事も読まれています】
ネム(NEM)の次世代ブロックチェーン「SYMBOL」テストネットが公開
ネム(NEM)次世代ブロックチェーンSYMBOLに向けた講演が東京南青山で開催
仮想通貨ネム(NEM)カタパルト後の新ブランド名は「Symbol」に決定


前のニュースパリティとイーサリアムコミュニティの衝突、競争で揺れるブロックチェーンコミュニティ
次のニュース「仮想通貨取引所上位10社がビットコインの価格発見をリード」分析会社が発表
西内 達也
暗号通貨に魅了され、ブログの執筆活動を行う。非中央集権を夢見て、その先の未来が楽しみで仕方ない。筋肉ハーベスター 、アーティスト。ブロックチェーン技術の応用を考案しており、 ICO、Altcoinトレードなども行う。 Twitter:@BFM33211