ステーブルコインのテラ(Terra)の価格安定の仕組みとは?

編集部おすすめ

ステーブルコインTerraの価格安定の仕組みとは?

今回のコラムでは、テラ(Terra)によるステーブルコインの価格安定の仕組みについて解説します。ステーブルコインにはさまざまな種類があり、テザー(Tether)やUSDCのような実際の法定通貨が信託銀行に預け入れされているタイプ、メイカーダオ(MakerDAO)やシンセティックス(Synthetix)のような暗号資産担保型などが存在します。

Terraの基本的な解説は下記のコラムをご覧ください。

【関連】:Terraとは?急成長するステーブルコインプロジェクト

シニョレッジシェアに分類されるTerra

これに対してTerraはシニョレッジシェアと呼ばれるタイプに分類されます。
Terraによるステーブルコインの価格安定の仕組みについてですが、Terra Moneyは担保資産がなく無担保型のステーブルコインです。Terra Moneyの価格安定方法は、エコシステム内の各プレイヤーにインセンティブを与えることでトークンの供給量を調整し、価格の安定を実現しようとするものです。

つまり、ステーブルコインのTerraの市場価格がターゲット価格に対して上がりすぎていた場合は、アルゴリズムが自動的にTerraを発行します。上がりすぎた価格からターゲット価格まで価格を下げるようにします。逆にTerraの市場価格がターゲット価格に対して安かった場合は、アルゴリズムが市場でTerraを買い上げます。

後述しますが、ここにLUNAトークンというもう一つのトークンがインセンティブとして用いられています。

これは貨幣数量説を応用して設計されている仕組みです。よく似た仕組みのステーブルコインのプロジェクトとしてBasis Protocolが存在しますが、2018年12月に解散しています。このアイデアの原型は、『A Note on Cryptocurrency Stabilisation: Seigniorage Shares』という論文から影響を受けています。( 参照:A Note on Cryptocurrency Stabilisation: Seigniorage Shares)

複数の法定通貨をサポートするTerra SDR

またTerra Moneyはステーブルコインのプロトコルであり、USD・EUR・CNY・JPY・ GBP・KRW・IMF SDRといった複数の主要通貨をサポートできます。

この通貨数は今後もコミュニティでガバナンスのプロセスを通して追加される予定です。この点でその他の主要なステーブルコインと異なり、USDをはじめとした単一通貨のみのステーブルコインではありません。

これをどのように実現しているかですが、Terra Moneyでは上述の貨幣数量説によるアルゴリズムでのターゲット価格にUSドルなどを用いるのではなく、Terra SDRという疑似通貨を価格ターゲットにしています。Terra SDRは、その名称が表すようにIMFのSDRの模倣であり、USD・EUR・CNY・JPY・ GBP・KRW・IMF SDRといったTerraの対応通貨のバスケットです。

Terra SDRは、いつでもTerra上のUSDやKRWとスワップすることができます。Terra MoneyはEコマースでの活用を目指したステーブルコインですが、この仕組によってTerra Moneyで決済受け入れをする各国のECサイトは、それぞれの国の通貨で受け入れをしながら、このステーブルコインで支払いを受けられます。

価格安定の要であるステークホルダー向けトークンLUNA

次にTerraの価格安定の要であるステークホルダー向けトークンLUNAについて解説します。Terraは、金融緩和や引き締めのごとく、買い上げや新規発行がアルゴリズムでされることは既に述べました。このアルゴリズムによる供給量のコントロールの機能形成に必要なものが、LUNAというもう一つのトークンです。

Terra(Terra SDR)の価格変化にあわせて、LUNAは下記のように働きます。

  1. Terraの価格がターゲット価格より高い場合:アルゴリズムは自動的にTerraを発行し売却する。その売却益はLUNAを市場で買い戻すことに当てられ、そのLUNAはバーンされる。
  2. Terraの価格がターゲット価格より安い場合:アルゴリズムは自動的にLUNAを発行・売却して、その売却した資金でTerraを買い上げる。買い上げた資金でTerraを購入し、ターゲット価格に引き戻す。

LUNAについては他のコラムでさらに詳しく解説しますが、以上がTerraのステーブルコインの価格が安定するための大まかな仕組みです。Terraの投資をする場合、その対象は、LUNAとなります。これらの仕組みを理解することは必須だと言えます。


Terraをもっと知るには
■日本語Discord:https://discord.gg/SPXxnuu
■Twitter:https://twitter.com/terra_Japan
■公式サイト:https://terra.money/
■ホワイトペーパー:https://terra.money/static/Terra_White_Paper.pdf


前のニュース金融危機到来に備えて中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する国は?
次のニュースMastercardがIOTAのTangleを利用した支払いシステム特許を取得
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。