仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新たな取り組みとは?

7602

編集部ピックアップ

台湾イメージ

台湾の首都である台北市は、市民の個人認証計画に、IOTA(アイオータ・イオタ)によるブロックチェーンへの代案であるTangle(タングル)を導入するためにIOTA Foundationと提携をした。

情報技術局局長のWei-bin Lee氏は、台北市がデジタルシチズンカードプロジェクトのためにIOTAおよび地元のスタートアップ企業BiiLabsと提携していると述べ、この取り組みは同市が進めている多くの概念実証の1つであるとCoinDeskに対して語った。

※IOTAとは、IoT(モノのインターネット)の導入を目的とされ開発された暗号通貨のことです。「アイオータ」や「イオタ」と読まれることが多い。

IOTA公式出典:IOTA公式

台北市はいくつかのプロジェクトのために特にIOTA(アイオータ・イオタ)のTangle IDサービスを利用しているとのことだが、デジタルシチズンプロジェクト以上のことについては詳しい説明はしなかった。

フィンテックメディアCrowdFund Insiderによると、このデジタルシチズンカードは不正開封防止機構を備えたシステムとして動作し、利用者を個人情報の盗難から守ることができる。

Lee氏はCoinDeskに対してメールでこう説明した↓

私たちは、プラットフォームとして利用可能なデジタルシチズンカードのための関連アプリケーションから取り組みを開始する。また、医療記録のように地方自治体間および公共機関間でやり取りするデータの認証および整合性のチェックを効率化する取り組みも行う。

以上のように述べ、Lee氏は台北市が「スマートシティ」というゴールに向かってさらに発展していく上で役立つ提案があれば喜んで耳を傾けるとも語った。そのようにして、台北市はその他の利用可能な技術も採用していくだろうとLee氏は語っている。

台北市はIOTA(アイオータ・イオタ)の技術をテストしているが、いかなる暗号通貨もまだ利用していないとLee氏は述べた。

今後のプロジェクトの詳細についてはまだ議論中であるが、将来のプロジェクトを促進するために台北市に事務所を開設するようにIOTAに勧めているようだ。

当面、情報技術局、BiiLabs、およびIOTA(アイオータ・イオタ)は概念実証を作成するためのプロジェクトの提案について議論を進めている。これら3つのグループは作業部会を作り、プロジェクトの詳細に取り組んでいる。

Lee氏はこのように結論づけた↓

概念実証の後、私たちはその結果を評価し、次にどこに向かうのかを確認する。

参考:CoinDesk