仮想通貨の利益が20万以下なら確定申告しなくていいは大間違い?

16403

編集部ピックアップ

仮想通貨20万以下確定申告不要?

奥マヤです。Twitterはこちらなので良かったらフォローください。
フォロー @OKU_MAYA

前回の続きで、自分自身が確定申告するにあたり数人の税理士の方とお話しをさせて頂きました。色々と質問させてもらいまして、その中で勉強になったことなどを書いていきます。

仮想通貨の利益は雑所得

Q.税務署のホームページを見ると雑所得は1年間で20万円以下だったら確定申告しないでいいって書いてありますけど本当ですか?

A.この話には2つの間違いがあります。
(1)仮想通貨利益などの「雑所得」が20万円以下でも確定申告が必要なケース
(2)仮想通貨利益を税務署に「所得税」の確定申告書をしなくて良いが、住んでいる市区町村に「住民税」の申告をする必要があるケース

(1)「雑所得」が20万円以下でも確定申告が必要なケース

アルバイト給料などの本業以外の副業収入を合計すると20万円を超える場合など、仮想通貨の利益の「雑所得」が20万円以下でも確定申告書をしないといけないケースがあります。
国税庁タックスアンサー No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人

税務署の記載をまとめると、本業の年収2,000万円以下で副業収入20万円以下のケースは確定申告は不要ですが、それ以外のケースでは確定申告が必要となります。

また、確定申告が不要なケースでも、医療費控除やふるさと納税などで確定申告をする場合は20万円以下の副業収入も確定申告しないといけません。

(2)市区町村への申告について

給料や仮想通貨利益などの収入には「所得税」と「住民税」が課税されますが、

(a)税務署に「所得税」を確定申告すると、その内容は居住する市区町村に転送されるため、別途「住民税」を申告する必要はありません。

仮想通貨確定申告ケース1

(b)20万円以下の副業収入を税務署に確定申告しない場合、別途居住する市区町村に「住民税」を申告する必要がありますので忘れないように注意が必要です。

仮想通貨確定申告ケース2

まだ、確定申告が終わっていない方はお急ぎください。この記事が参考になれば幸いです。

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット