テザー(Tether)が増刷してビットコイン(BTC)の価格を不正に操作しているという嘘

編集部おすすめ

テザー(Tether)が増刷してビットコイン(BTC)の価格を不正に操作しているという嘘 width=

テザーによるビットコイン価格操作は嘘?

ステーブルコインを発行するテザー(Tether)社は、いわくつきの企業です。TetherはUSドルを信託して同額のステーブルコインを発行する企業ですが、これまでその担保されている資産に関してさまざまな議論がありました。

同社の2019年11月の声明では、準備金があることを発表しています。準備金のうちどれくらいが純粋なドルであり、それ以外の債券など同社が現金同等物と定めている資産があるのか、という重要な論点については明言を避けていますが、同等資産があり、その監査も受けていると発表しています。

Tetherの準備金とは異なる問題として、ビットコインの価格を不当に操作しているという噂あります。これは2019年10月に公開された「Is Bitcoin Really Un-Tethered?」という論文を発端にしています。同論文での主張は、ドルの裏付けなくしてTetherを増刷してビットコインを買い上げ、価格を釣り上げることにより、発行企業が不正に利益を得ているというものです。

この論文に影響を受けてビットコインの価格が上がったタイミングで、Tetherの発行を比較しやはり不正の釣り上げであるというような発言も見られます。しかしながら、これは恐らく間違いでしょう。執筆時点において、コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)などのサイト上でのTetherの発行はタイミングの補足が上手く行われていません。現在、Tetherはビットコイン(Omni)やイーサリアム(Ethereum)、トロン(TRON)などさまざまなブロックチェーン上で同時に運営されており、それら全てをリアルタイムで反映することが難しくなっていることが現状であると言えます。

テザーは今後も影響力を大きいステーブルコインとなるだろう

その他のステーブルコインと比較して、Tetherの運営状況が信用に値すると筆者は主張するつもりは無いですが、現在のマーケットで最も利用されているステーブルコインはTetherです。そして、今後しばらくもそうでしょう。コインゲッコ(CoinGecko)のデータによると、Tetherの流通量は全ステーブルコインの80%以上を占めています。

バイナンス(Binance)などの取引出来高を見ても、BTC/TUSDのペアとBTC/USDCのペアでは、30倍程度の出来高の差があります。そして取引ボリュームがあるから、さらに資金が流入するという構造になっています。この構造は特に何かしら大きいイベントがない限りは変わらないでしょう。

Tetherはビットコインとイーサリアムだけでなく、さまざまなプラットフォームでステーブルコインを増やしています。また直近では、イーサリアムとトロンで金(ゴールド)を担保に価格をペグするトークン 「XAUt」 をローンチしました。1単位あたり、スイスの金庫に保管される1トロイオンス(31.103 4768グラム)の金と同等となります。またTetherのWebサイトでは、XAUtのイーサリアムアドレスを入れると、どの金が担保になって発行されているかを特定できます。しかし、金に何かが起こった場合のトークン保有者への保険はありません。

パクソス(Paxos)やコインシェアーズ(CoinShares)などの企業も、昨年ゴールドのトークンを開始しており、人気が高まって来ているとも言えます。ゴールドをトークン化することによって小口化や、スマートコントラクトを利用したDeFiアプリケーション上で利用できるようになります。

今後もしばらくステーブルコインの競争において、Tetherの優位性は変わらず強い規制、CBDCのローンチなど大きいイベントがない限り、その地位を維持するのではないかと予想されます。

参考
Tether Response to Flawed Paper by Griffin and Shams
Is Bitcoin Really Un-Tethered?
CoinGecko年間レポート2019

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム上のテザー(USDT)の送金額がETHを上回る
ノヴォグラッツ氏ら著名アナリストがビットコイン(BTC)価格の強気相場を予測
ビットコイン(BTC)半減期前に知っておくべき7つのポイント


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュースブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争の無意味さと向き合い方について
次のニュース「仮想通貨の価値はゼロ」というウォーレン・バフェット氏の真意
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。