【墨汁速報】仮想通貨取引所Bitfinexとテザー社8億ドルの顧客資産を消失 NY州裁判所が資料提出の判決

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

ビットコイン(BTC)と強い関わりを持ち、自称ドルにペッグするテザー(USDT)を発行するテザー社と同じ親会社を持つビットフィネックス(Bitfinex)は、8億ドル(約857億円)を超えるクライアントの資金を失いその事実を隠した疑いで調査されるという。

関連記事:【墨汁速報】Bitfinexの12万BTCハッカーの利益とみられるビットコインが返却される

Bitfinexの消えた8億ドルのクライアント資産

ニューヨーク州の控訴裁判所は現地時間7月9日、テザー社と仮想通貨取引所Bitfinexに対して8億ドルを超えるクライアント資産を失ったことを隠したことに対する調査を行うと裁定した。テザー社によると、「失った8億ドルのクライアント資金はパナマの”クリプトキャピタルコーポレーション(Crypto Capital Corp)”にデポジットした。」としている。

クリプトキャピタルコーポレーションは、2019年10月に国際犯罪組織の薬物売買のマネーロンダリングに関わったとし、複数の国の政府により資産が差し押さえされているという。またテザー社によると、失った8億ドルの資産を取り戻すために取り組んでいるという。

テザー社はニューヨーク州の管轄

テザー社の発行するUSDTは、イーサリアムに次いで時価総額3位となっており、92億ドルの時価総額となっている。同社の主張によると、USDTは証券や商品ではないとし裁判所の管轄ではないとしていたが、ニューヨーク州控訴裁判所はこの主張を棄却した。

またテザー社はニューヨークを拠点としておらず、同州に住むトレーダーにもUSDTを提供していないため、特定の書類などの提出義務はないとの主張をしていた。だがニューヨーク州控訴裁判所は、「ニューヨークのトレーダーはUSDTを保有または使用しており、テザー社の数人のスタッフはニューヨークで仕事をしている」とし、この主張も同様に棄却された。

出典:Coinmarketcap

テザー社のUSDTは同社にデポジットされたドルと同数を発行する仕組みとなっており、この事実から失われた8億ドル以上の資金は時価総額の約9%にものぼる。従って1USDTの裏付けは実質0.91ドルということになるだろう。

参考:Bitfinex Must Face N.Y. Suit Over $800 Million in Lost Funds

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】Bitfinexの12万BTCハッカーの利益とみられるビットコインが返却される
【墨汁速報】ビットコインへ追い風か?テザー社がオフショア人民元(CNH)のステーブルコイン発行へ
テザー(USDT)の時価総額がBTC、ETHに次いで1兆円達成

関連記事:【墨汁速報】ビットコインへ追い風か?テザー社がオフショア人民元(CNH)のステーブルコイン発行へ

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース【墨汁速報】米仮想通貨取引所コインベース 2020年内に米初となる上場を準備とリーク
次のニュースOKExのクジラが仮想通貨市場をリード?大口取引の調査レポートが発表
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者