【墨汁速報】ビットコインへ追い風か?テザー社がオフショア人民元(CNH)のステーブルコイン発行へ

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインへ追い風か?テザー オフショア人民元(CNH)のステーブルコイン発行へ

中国メディアのチェインニュース(ChainNews)が、自称1ドルにペッグするステーブルコインのテザー(USDT)を発行するテザー社(Tether Limited)は、オフショア人民元にペッグする新たなステーブルコイン”CNHT”を新たに発行すると報道した。現在USDTを主に使用している中国人投資家にとって、ビットコインへの資金流入元となる可能性がある。

オフショア人民元(CNH)とは?

中国の法定通貨(フィアット:Fiat)は、人民幣を中国語読みしたRenminbiを略して”RMB”と表記され、またISO4217においてはCNY(人民元)で表記される。対してオフショア人民元はCNYのような中国本土で使用される”オンショア(国内)”とは別の、”オフショア(海外)”で取引する人民元(CNH)を指す。

つまり、人民元には実質2種類の「CNY」とCNHが存在することになり主に香港を中心とした中国本土外で使用される人民元である。CNYとCNH間にはデリバティブ取引が存在し、現在は1CNHはほとんど0.999CNYにペッグしている。

出典:TradingView

新たなステーブルコインCNHT

Chain Newsの報道によると、テザーと同じ親会社を持つBitfinexの株主であるジャオ・ドン(Zhao Dong)氏は取材で「近い将来、RMB(CNY)にペッグするステーブルコインのCNHTをテザーが発行する」と述べ、ドン氏の創業した、ビットコインやイーサリアムなど複数の仮想通貨のウォレットを提供するレンレンビット(RenrenBit)でCNHTのサポートを行うという。

ビットコインの追い風となるか?

現在ステーブルコインとしてはUSDTが中国人投資家に主に使用されているものの、USDTは基本的にUSDにペッグするためドルを保有しているということになる。USDTを保有するということは、USDの変動リスクを受けることになり、行く先が不透明な米中貿易戦争やFRBの利下げなどによる為替差損益を避ける目的では需要があると考えられる。

中国系取引所のオーケーイーエックス(OKEx)やフォビ(Huobi)、バイナンス(Binance)などがCNHTを取り扱う場合、ビットコインへのチャイナマネー流入の可能性も大いに考えられるだろう。

参考
赵东:Tether 近期将发行锚定离岸人民币的稳定币 CNHT

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会社として認可
【墨汁速報】ビットコイン売買への影響は? 米Coinbase バークレイズ銀行との提携廃止によりポンド入出金に影響
米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日は?