テゾス(Tezos)の共同創業者が会社を設立し、カードゲームをテゾス上でリリース

編集部おすすめ

テゾス(Tezos)の共同創業者が会社を設立し、カードゲームをテゾス上でリリース

テゾス(Tezos)の共同創業者の一人であるキャスリーン・ブライトマン(Kathleen Breitman)氏は、ゲーム企業Coaseを設立したことを発表しました。

また同社がカードゲームの「Emergents」をリリースし、それをテゾスブロックチェーン上で構築することを発表しました。テゾス上で構築されるゲームが準備されていることは以前から噂されていましたが、正式に発表された形になります。既にランディングページが公開されており、メールアドレスなどを登録することができます。

カードはブロックチェーン上でトークン化される

Emergentsのカードはブロックチェーン上でトークン化されます。従来のカードゲームではカードが物理的に販売されており、二次流通市場もできていましたが、ブロックチェーンで構築することにより、グローバルでのカードの交換などがスムーズになることが期待されます。

また、ユニークな点は、開発企業であるCoaseがこのカードをテゾスブロックチェーン上でボンディングカーブ形式で販売するということです。ボンディングカーブとは需給に応じてアルゴリズムが価格を決定する仕組みです。

イーサリアム(Ethereum)上のDEX(分散型取引所)であるユニスワップ(Uniswap)がこれに近い仕組みでマーケットを構築しており、ブロックチェーン業界では一般的なものになりつつあります。

Emergentsのトップ
出典:Emergentsの公式サイト

ブロックチェーンゲームは主要なユースケースに

ブロックチェーンゲームは非金融のコンシューマアプリケーションで最も主要なユースケースになりつつあり、ブロックチェーンアプリケーションの分析サイトDAppRaderによると、最もユーザーが存在するアプリケーションはDeFi(分散型金融)とゲームに集中しています。

今回リリースされたカードゲームに先行するものとしては、イーサリアムを使ったゴットアンチェインド(Gods Unchained)、クリプトスペルズ(CryptoSpells)が存在します。また、カードゲーム以外のゲームでは、マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)、
ブレイブフロンティアヒーローズ(Brave Frontier Heroes)が存在します。

これらのゲームはいずれもゲームアイテムやキャラクター、カードがトークン化されて、二次流通市場で取引されており、高価なゲームアイテムは 100万円以上の価格で取引されることも起きています。

テゾスのブロックチェーン上でリリースされるゲームで規模の大きいものはEmergentsが初であり、今後の展開が期待されます。

参考
A Digital Collectible Card Game is Coming Soon to Tezos

【こんな記事も読まれています】
金融領域で広まるテゾス(Tezos)の利用、世界中の証券トークン業者が続々と統合
テゾス(Tezos)上の最初のDeFiアプリケーション「StakerDAO」とは?
投資家視点でのテゾス(XTZ)を考える、新興スマートコントラクトプラットフォームのトークン