【墨汁速報】ビットコイン金融ビジネス化加速 2例目の仮想通貨銀行承認

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコイン金融ビジネス化加速 2例目の仮想通貨銀行承認

米ワイオミング州はアバンティ(Avanti)銀行にビットコイン(BTC)などの仮想通貨取扱いを可能とする特別目的委託銀行機関(Special Purpose Depository Institution)通称SPDIを認可した。今年9月に認可されたクラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)に続いて2例目となる。

関連記事:【墨汁速報】アメリカで世界初「仮想通貨銀行」誕生!Krakenがワイオミング州でローンチ

2年半かけての仮想通貨銀行認可

SPDIを認可された機関は、仮想通貨取引所が銀行業務を行えるという利点の他、銀行がドルとは別に仮想通貨をビジネスとして取り扱う事ができるという特徴を持つ。

つまりAvanti Financialはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のカストディ(保管)などをビジネスとして行うことが可能となり、銀行がビットコインを担保にしたローンや新たなデリバティブなどのプロダクトを扱うことができる。

Avanti銀行のケイトリン・ロング(Caitlin Long)最高経営責任者(CEO)は、ウォールストリートとモルガン・スタンレーで20年以上のキャリアを持つベテランだ。ロング氏によると、SPDIの承認には議会の投票による承認が不可欠であり、Avanti Financialグループが「仮想通貨銀行」として認可されるまで2年半を費やしたという。

2020年は銀行の仮想通貨参入がトレンドへ

2020年までは仮想通貨取引所などのスタートアップは、銀行でクライアントとしてのアカウント開設が難しく、米最大手のコインベース(Coinbase)やジェミニ(Gemini)などでさえ苦労していた。

しかし今年5月にはJPモルガンチェースが仮想通貨取引所をクライアントとして初めて承認。7月にイギリス最大手のスタンダードチャーター銀行がビットコインカストディに参入。8月にはゴールドマンサックスが「仮想通貨は将来の金融」と見込んでいると述べ、米シルバーゲート銀行は2020年Q3には機関投資家の仮想通貨取引所への送金が2019年1年間より40%の増加と収益報告書で開示している。

2019年のカストディや先物ローンチと比較し、2020年は銀行が仮想通貨ビジネスへの参入がトレンドとなっており、2021年には仮想通貨業界の大きな変化が見られるだろう。

参考:Avanti Unanimously Wins Bitcoin Banking Charter

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】JPモルガンチェース ビットコイン取引所をクライアントとして初めて承認
【墨汁速報】ゴールドマンサックス 仮想通貨を”将来の金融”と見込む ステーブルコイン発行検討か?
【墨汁速報】ビットコインカストディへ英最大手スタンダードチャータード銀行参入

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Avanti Unanimously Wins Bitcoin Banking Charter


前のニュースCircle社(USDC)はなぜソラナを4番目のパートナーとして選択したのか?
次のニュース仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)でリアルタイムの税計算が可能に
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者