イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

編集部おすすめ

イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

イーサリアム(ETH)の価格が2020年4月頃から強気相場に転じています。年初来から価格は約2倍になっており、今年のパフォーマンスは今のところビットコイ(BTC)を上回っています。本コラムでは、2020年にETHの価格上昇が期待できる要素を3つに整理しています。

2020年イーサリアム(ETH)の価格推移
出典:bitFlyer

ステーキングへの期待(Ethereum2.0 フェーズ0)

まずステーキングへの期待です。イーサリアムがプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行することは以前から予定されていましたが、ついに2020年にその移行が部分的に始まることが目論まれています。

もっともこの移行は段階的に行われる予定であり、すぐには完了しないものの、あくまで移行の第一段階です。2020年6月時点での見通しでは、公式テストネットが夏頃に公開され、年内にメインネットでのステーキングが始まるのではないかと予想されます。(スケジュールは常に遅延する可能性があるため、あくまで現時点での見通しです)

ステーキングが始まると、これまでのプルーフ・オブ・マイニング(PoW)のマイニングと異なり、ETHをロックアップしてブロック生成に参加をする仕組みになります。PoSが始まると、ステーキングに参加をするにはETHが必要でありためその使用用途が増えることと、売却される浮動トークンが市場から減ることを意味します。これを価格上昇に結びつける思惑が市場にあるのだろうと推察されます。

マネタリーポリシーの変化

次にETHのマネタリーポリシーの変化です。ETHは、1ブロックあたりのマイナー報酬が過去と比較して減少しています。これは市場へのETHの供給量が少なくなっているので、価格の上昇に結びつきやすいです。これについては下記のコラムがより詳しいです。

【関連】
イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

加えて、現在EIP1559という将来のトランザクション手数料モデルの変更が開発者コミュニティで議論されています。EIP1559の内容は以下の要素を含みます。

  • BASE FEE (基本手数料)をベースにしたオークションモデルへの変更
  • BASE FEEで支払われたトランザクション手数料のバーン

つまるところ、トランザクション手数料で使用されるETHはこれまでマイナーの収入であったものの、この方針が決定されると、バーンされ市場から消失されるというモデルになります。これが実現すると、当然ETHの希少性は増します。

機関投資家のマーケットが開く

最後に機関投資家市場でこれまでETHは投資手段が限られていたものの、少しづつ開かれ始めています。ビットコインはバックト(Bakkt)で現物受け渡しの取引所が2019年から開設されており、CMEの先物は既に2年以上開かれているマーケットです。

一方、ETHはこれまでこういった市場は限定的でした。しかし、2020年に入り米エリスX(ErisX)が、現物引渡のETH先物契約を開始すると発表しています。また、米仮想通貨投資信託提供企業大手のグレースケール社は、2020年の約4ヶ月で新たに採掘されたETHの半数を投資信託向けに買い付けていることが指摘されています。機関投資家市場でのETHの評価が変わっていると言えます。

これらが現在のETHの強気な相場の背景です。投資には自身での調査が必須ではありますが、参考になれば幸いです。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?
イーサリアム(ETH)のアップグレード「ETH 2.0」への期待感膨らむ
マイクロソフトなどフォーチュン500社がイーサリアム(ETH)に大量投資


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュースeスポーツの賞金も仮想通貨で?コンセンシスがイーサリアム利用のプラットフォームを開発
次のニュース暗号資産業界のヘッジファンドの状況、どのくらいの規模、影響力、投資方針の傾向は?
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。