東京ビットコイン取引所(TBX)の口座開設をしてみた!

1010

東京ビットコイン取引所(TBX)_公式ページトップ

株式会社東京ビットコイン取引所は2017年12月12日をもって商号を『株式会社DMM Bitcoin』に変更させていただき、
DMM Bitcoinとしての仮想通貨取引の新サービスサイトを2018年1月10日に公開し、
2018年1月11日に新サービスについての口座開設申込の受付を開始させていただきます。
それに伴い、口座開設申込の受付を停止しております。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)はコチラ

東京ビットコイン取引所(TBX)公式ページ(https://tokyobtc.jp/)より

まず仮想通貨取引に必要なものといったら口座ですよね。
まだどこの口座開設もしてない人は、ひと通りの口座開設する派と、厳選して口座開設する派と分かれるかと思います。(たぶん後者のほうが多いと思うけど…)

スムーズに口座開設していただく為にも、編集部が口座開設した時の手順をメモっておいたので、ぜひ口座開設の際の参考にしていただければと思います。

ここでは、金融庁から発表されている仮想通貨交換業者の「関東財務局長 第00010号」として登録されている東京ビットコイン取引所での口座開設手順を紹介します。

★口座開設前に用意しておいた方が良いもの

・携帯電話(二段階認証の際に使用します)
・提出書類と本人が一緒に写っている写真
・本人確認資料(下記のうちいずれか1種類)
∟運転免許証(表と裏=計2枚)
∟パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ=計2枚)
∟顔写真付住民基本台帳カード(表と裏=計2枚)
∟外国人登録証明書(表と裏=計2枚)
∟マイナンバーカード(表のみでOK!)

これらが準備できたら、口座開設の申込みフォームからちゃちゃっと申し込んじゃいましょう!
ちなみに筆者は「運転免許証(表と裏=計2枚)」を選んだので、「運転免許証と自分が写っている写真(1枚)」とあわせて計3枚を予め準備しました。

【STEP1】東京ビットコイン取引所(TBX)の口座開設!まずはメールアドレスを登録しよう

まずは、東京ビットコイン取引所の公式ページにアクセスします。
画面右のほうに「無料 口座開設」というピンク色のボタンが2つあります。どちらも同じページへ飛ぶのでお好きな方をクリック。

東京ビットコイン取引所_公式ページ

すると『口座開設』のページに切り替わります。
ここではメールアドレスと、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「送信する」をクリックしてください。

メールアドレスを登録する

すると、メールアドレス確認のため、登録したアドレス宛に東京ビットコイン取引所からメールがきます。差出人が「@tokyobtc.jp」なので、迷惑メール設定をされている方は、このドメインを受信できるようにしておいてください。

▼こんなメールが送られてきます
自分宛に届いたメールを確認する

自分宛てに届いたメールに記載されているリンクから、口座開設申込を再開します。
リンクを開くと『パスワード入力』の画面になりますので、ここでパスワードを設定します。

パスワード登録画面

パスワードは下記のルールを守らないと、登録できないので注意してください。

・8文字以上
・半角英字(大文字)、半角英字(小文字)を含める
・数字を必ず含む

パスワードを決めたら「同意して登録する」をクリックします。
ここまでで、STEP1の手続きが完了です!

【STEP2】携帯電話認証や基本情報を入力しよう!

ここからはSTEP2がスタートです!
パスワードを決めた後は、『電話番号認証のコード発行』ページに切り替わります。

パスワード登録画面

ここでは、SMSが受信できる携帯電話をご用意してください。
電話番号欄に、ご自身の電話番号を入力し、「送信する」をクリックしてください。

※固定電話番号や海外の電話番号を入力してのSMSが受信できないので、必ず国内の携帯電話番号を入力してください。

すると、携帯電話に取引所認証コード(数字6桁)がSMSが送られてきます。
私はiPhoneユーザーなので、見本画像はiPhoneのメッセージ画面となります、ご了承ください。

SMSメッセージ受信例

次の画面は『携帯電話番号認証』です。
先ほどSMSで送られてきた取引所認証コードを「認証コード」の欄に記載します。

取引所認証コードを「認証コード」の欄に記載する

※注意※
SMSが送られて来ない場合は、入力したご自身の電話番号が間違っているか、SMS送信センターからの送信が遅れているか、迷惑メールが設定されててはじかれてしまっているか等が考えられるので、一度確認してみてください。

携帯電話番号認証が無事出来たら、次は『2段階認証の登録』を行います。

2段階認証の登録のページ

「2段階認証の登録」はスマートフォンアプリで行うので、認証アプリをインストールします。
※「IIJ SmartKey」(もちろん無料)を推奨

アプリをインストールして、2次元バーコードをスキャンするページになったら、上記画像のバーコード部分をスキャンしてください。
すると下記のように6桁の数字(確認コード)が表示されます(下記はiPhoneアプリの画面)。

確認コード取得画面

その確認コードを、2段階認証登録画面の一番下の欄に入力し、「登録する」をクリックします。

2段階認証の確認コードはここに入力する

2段階認証が終わったら、『基本情報の登録』をします。
全て必須項目になりますので、間違いのないように入力して、最後に「登録する」をクリック。

基本情報の登録画面

これでSTEP2はおしまいです!

【STEP3】これで最後!本人確認書類を提出しよう!

ここからはSTEP3!これで登録作業は最後になるので、もうひとふんばりです。
ここでは、本人確認書類をWEBからアップロードして登録していきます。

冒頭でも記載しましたが、もう一度確認しておきます。

・提出書類と本人が一緒に写っている写真
・本人確認資料(下記のうちいずれか1種類)
∟運転免許証(表と裏=計2枚)
∟パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ=計2枚)
∟顔写真付住民基本台帳カード(表と裏=計2枚)
∟外国人登録証明書(表と裏=計2枚)
∟マイナンバーカード(表のみでOK!)

まずはじめに、「(1)提出書類と本人が一緒に写っている写真」をアップロードします。
見本画像のように、運転免許証だったら、運転免許証と顔がはっきり映っている写真をアップロードしてください。

提出書類と本人が一緒に写っている写真をアップロード

この時の注意事項として、下記が挙げられますので確認しておきましょう!

・本人確認書類の文字と、顔写真がしっかりと判別できること
・顔は正面を向いていて、無表情、前髪などが目(瞳)にかかっていないこと
・他人が写り込んでいないこと

(2)~(3)確認書類は、本人確認書類単体の写真です。
見本画像のように、表と裏と必要なものもあります。提出する書類の種類によって異なるので注意しましょう。

本人確認書類単体の写真を(表裏が必要な場合は2枚)アップロード

全てアップロードできたら「登録する」をクリックして、STEP3は終了です!
これで、一連の登録作業が終わりました~

STEP4は、東京ビットコイン取引所から簡易書類が送られてくるので、それにて口座開設完了!
これを受け取り後、公式ページのログイン画面から、登録したメールアドレスとパスワードでログイン出来るようになります。

東京ビットコイン取引所_ログイン画面

筆者は、確認書類や自分と確認書類の写真、2段階認証アプリなどを予め準備しておいたので、登録だけで5分かかるかかかんないかくらいで出来ました。
途中で写真撮って準備して…とかだと時間がかかるので、前もって準備しておくのをおすすめします!

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)はコチラ