仮想通貨は依存度高し? スコットランドの病院が仮想通貨の中毒患者受け入れへ

編集部ピックアップ

仮想通貨は依存度高し? スコットランドの病院が仮想通貨の中毒患者受け入れへ

スコットランドのウェストリントンにあるキャッスル・クレイグ病院では、仮想通貨取引の中毒状態にある患者の受け入れを始めた。医療専門家によると、刻々と変動する値動きに常に注意を払う仮想通貨トレーダーは、行動依存症に陥る危険性があるという。ギャンブル依存症の治療に利用される手法を応用し、仮想通貨取引がやめられない状態から回復へと導く。

ギャンブラーは仮想通貨に注意?

同病院でギャンブル依存症を担当するChris Burn氏は「リスクが高く、変動の大きい仮想通貨マーケットは、気分の高揚や現実逃避状態を引き起こすなど、潜在的な問題を持つギャンブラーがのめり込みやすい要素がそろっています。ビットコイン(BTC)のように取引量が多く、利得や損失が大きいものは典型的なバブル状態を作り上げます。」と話す。

過去にギャンブルとコカインの依存症を経験した同病院のセラピストであるTony Marini氏は、「自分自身が経験者なので、同じ症状に苦しむ患者の気持ちや状況を理解することができます。」と話し、患者の現実逃避を防ぎながら、回復に向けた医療提供体制を整えるべきとしている。

中毒症状に関する専門ウェブサイトによると、ギャンブラー100人あたり3~5人が依存症に陥るという。そしてこれは仮想通貨トレーダーにも当てはまると考えられる。ほとんどのトレーダーが無理のない範囲で投資や投機を行うのに対し、仮想通貨取引にのめり込んだ結果、家を失い、貯蓄をすべて使い果たしたという話も聞く。

過去の「仮想通貨中毒」事例

イタリアの仮想通貨取引所であるビットグレイル(Bitgrail)から多額のナノ(XRB)というトークンが不正送金により盗まれた際には、一部のトレーダーは甚大な被害を受けた。当時、アメリカ最大級のオンライン掲示板レディット(Reddit)には、大学資金をすべて失ったという書き込みもあった。

レディットの「仮想通貨中毒の人いない?」というタイトルが付けられたスレッドには、仮想通貨取引によって不健康な生活になってしまった、自制心がきかない、といった書き込みがみられ、中には過去のドラッグ中毒経験を明かすコメントもある。

仮想通貨取引は、特にのめり込みやすい体質や現実逃避をしたがる人にとっては、中毒につながる危険性が高いという。キャッスル・クレイグ病院での治療プログラムが中毒者の回復に効果を上げるかどうかは、今後も注目していきたい。

関連:被害額200億円相当!?イタリアの仮想通貨取引所もハッキングの被害に…

参考:CCN

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット