ウクライナ、NEM(ネム)ブロックチェーンを使った選挙投票システムを導入か!?

編集部おすすめ交換所

ウクライナ、NEM(ネム)ブロックチェーンを使った選挙投票システムを導入か!?

ウクライナ中央選挙管理委員会では、選挙にブロックチェーンの使用を考えており、NEMのブロックチェーンを使用して投票できるシステムをテストしているようだ。ブロックチェーンの特異性の1つである改ざんができない(むずかしい)仕組みは、情報操作の不正を防止することができる。

ウクライナと選挙不正問題

ウクライナ中央選挙管理委員会がブロックチェーンに関心を持っているのは、歴史的背景があるからだろう。実はウクライナでは、過去に選挙投票に不正があったとして国民に混乱を招き、大問題に発展した事実があった。

2004年、ウクライナの大統領選挙が任意満了にともない行われた。投票により、与党ヤヌコヴィーチ首相が当選とされた。しかし、野党ユシチェンコ元首相の陣営はこれに反発。決戦投票において1万1,000件の不正が行われ、第一回投票の5倍に膨らんでいると政権側の選挙違反を糾弾。

以後、野党支持者によるデモや政府施設などの包囲が続き、ウクライナ国内は混乱状態に陥った。一時は国の分裂の危機さえあった。

その後、再投票を行いユシチェンコ元首相の当選が確実となった。

ウクライナでは東西において、情勢が別れている。これは、ウクライナの歴史的背景によるもので、経済的格差もでている。ウクライナの財政と、国民の生活に対する不満感から、政府と国民では、考え方も異なってきているようで、一部では独立するような動きも見られている。

こうした時代背景から、国民が真に求めていることを正しく評価する必要があり、まさにブロックチェーンテクノロジーで選挙の問題から解決していこうという考えに至るのではないだろうか。

ブロックチェーンで透明性のある政治を

不正選挙は、ウクライナだけではなく今もなお様々な国で行われていることは明確である。透明でクリーンな投票を行い、改ざんを防止するためにもブロックチェーンによる投票は今後必然となってくるのではないだろうか。

一度投票した情報は変更することはできずに、国民の誰もがリアルタイムで真の投票結果を確認することができる。そして、紙による投票での無意味な開票作業に関わる様々なコストは削減することも可能である。

国民に信頼ある政治を目指す第一歩として、ブロックチェーンテクノロジーは1つのきっかけになるのかもしれない。

関連
NEMブロックチェーンが“CopyrightBank”という著作権プラットフォームに使われる!?
NEMブロックチェーン技術が、スポーツチームとファンをつなぐ投げ銭コミュニティで採用
ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット