ウクライナの取引所Liquiがハッキング被害?ビットコイン週末戦略

17088

ハッカーのイメージ

コラムを書こうとしたタイミングでヘッドラインが流れてきました。

昨晩、ウクライナの中堅取引所、Liquiという取引所からBTCが6万枚もハッキングされたと報道がありました。盗まれたコインが市場で売られているようでして、情報が定かではありませんが、今晩から週末にかけて世界中に情報が駆け巡るでしょう。

このタイミングでこのニュースは非常にネガティブです。
おそらく今晩から週末にかけて売りが優勢の展開となりそうです。

アルトコイン市場もあきらかにオーバーシュートしておりましたので、急落する可能性が非常に高いと考えております。今週末の買いは控えておいたほうが良いでしょう。
代わりに仮想通貨FXでは大チャンス到来となるかもしれません。

ビットコイン円FXの日足分析をしていきます。

150万円が目先ターゲットか?

150万円が目先ターゲット?_ビットコイン円の日足チャート
出所:GMOコイン 仮想通貨FX

ビットコイン円の日足です。MACDもゴールデンクロスし、ダブルトップを付けはじめた形です。
ネックラインを割り込みますと、ダブルトップ完成です。

下値を切り下げるでしょう。
深く推す可能性があります。

150万円が目先のサポートラインですが、ここを割り込むと120〜130万円まで下落すると考えており、そのあたりから絶好の買い場となるように感じております。

ボリンジャーバンドの中心線はSMA30になりますが、ようやく1ヶ月間の平均値にまで戻った程度です。下値の余地はまだまだあるかもしれません。
買いからお考えの場合は、余裕をもって買い下がって頂ければと思います。

ビットコイン円4時間足分析チャート

ビットコイン円4時間足分析チャート

もう少し詳細をみてみましょう。4時間足のチャートです。
戻り売りの目処は180万円代〜200万円ゾーンでしょうか。

MACDはマイナス圏に沈下しました。
下落が加速しやすいタイミングと位置におります。

下落トレンド開始になりますと、−2σ前後でバンドウォークがはじまりますから、戻り売りで勝負する場合は、−2σより上に戻ったタイミングでコツコツとショートすると良いかもしれません。

先月、今月の上昇トレンドは非常に大きなものとなりました。
相場というものは上がった分、一定の比率で戻すのが常です。

ですので、その反動も今回は大きいと思います。
かなり深い推しに発展する場合もございますので、ご注意ください。

買い下がるなら日曜日や月曜日ぐらいからでしょうか?
ようやくポジションを取り始めるぐらい程度の心構えで良いと思います。

イナゴ組がしっかりと投げたタイミングから買っていきたいところですね。