グラスゴー大学が偽造ウィスキー問題対策のためブロックチェーン企業と協力

編集部おすすめ

グラスゴー大学が偽造ウィスキー問題対策のためブロックチェーン企業と協力

スコットランドのグラスゴー大学(The University of Glasgow)が12月18日、偽造スコッチウイスキー問題に取り組むため、大学内のスコットランド大学環境研究センター(SUERC)とブロックチェーン会社エバーレジャー(Everledger)が覚書(MOU)を締結したことを発表した。

流通しているレアヴィンテージウイスキーの40%が偽物の可能性

ロンドンを拠点にしているエバーレジャーは、ブロックチェーンや人工知能などを活用し資産情報の表面化したりや集めることを支援している。

エバーレジャーの開発したブロックチェーンを使った独自のプラットフォームを使うことで、製品の起源や所有者、特性を永続的なデジタル記録して保存することが可能。取り扱っているものは、ダイヤモンドなどの宝石やワインなども含まれている。

グラスゴー大学とエバーレジャーが取り組む偽造スコッチウイスキー問題の背景には、レアヴィンテージウイスキーの市場の拡大がある。今回の発表によると、収集品として価値のあるシングルモルトスコッチウイスキーの売り上げは、2018年に合計5,770万ポンド(約79億7,000万円)に達した。しかし、SUERCの研究者は、流通しているすべてのレアヴィンテージウイスキーの40%が偽物である可能性があると推定している。

偽物の取引を減らすのに役立つ完璧な方法

SUERCのリサーチサイエンティストであるエレイン・ダンバー(Elaine Dunbar)博士は、「私たちが成しえなかったプロセスの1つの側面は、ウイスキーの起源と年代の永続的なデジタル記録を確保することだ。そのため私たちは、ウイスキーの永続的な保証の記録とデジタル記録、およびその放射性炭素分析の詳細を提供するエバーレジャーとのパートナーシップを確立できたことを非常に嬉しく思う。これは、ウィスキーの鑑定を依頼する人にさらなる安心を提供し、偽物の取引を減らすのに役立つ完璧な方法だ」と語った。

またエバーレジャーのヨーロッパ宣伝担当であるカロジェロ・シベッタ(Calogero Scibetta)副社長は、「テクノロジーを使用して、ワイン&スピリッツ業界で認証のためのより多くの科学的方法をもたらすことは、当初から私たちの焦点だった。ウイスキーの認証と保護に関してSUERCと協力できることを嬉しく思う。そのような機関が、業界の信頼性のためのプラットフォームとして、エバーラジャーのプラットフォーム採用を選択したことを光栄に思う」と話している。

参考
EVERLEDGER SEALS AGREEMENT WITH UofG TO COMBAT COUNTERFEIT SCOTCH WHISKIES

【こんな記事も読まれています】
パブリックブロックチェーンはおもちゃとしてバトルテストされインフラへ
ブロックチェーン企業のオアシスラボがBMWとプライバシーに関するプロジェクトで協業
ブロックチェーンがシンガポールでの2021年の技術トレンド予想2位に

文:かにたま

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースDeFi=開発者を信用しなくてい良いはウソ!?Admin Keyリスクとは?
次のニュースフィデリティ・インベストメンツCEOがビットコイン(BTC)を称賛
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。